電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-26 13:00
2種類のテンプレートの切替えを持つセルラニューラルネットワーク
加藤雄大上田康弘上手洋子西尾芳文徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究で我々は,2種類のテンプレートの切替えを持つセルラニューラルネットワークを提案する.CNNのテンプレート配置において空間的に一様でないシステムは複雑な処理ができることが知られている.一般に,空間的に一様でないCNNは容易に設計することができないが,我々は提案手法により既存のテンプレートをセルごとに配置することができた.エッジ検出において,従来のCNNに既存の3×3 のエッジ検出用テンプレートを用いると,入力画像の不鮮明な部分のエッジは検出できない.これは従来のCNNでは不鮮明な部分がエッジか否かを判断することが困難だからである.さらに,5×5 のエッジ検出用テンプレートを用いると,検出されたエッジは太く,ノイズも残ってしまう.しかし,これら2つのテンプレートの切替えを行った場合,不鮮明な部分のエッジを検出することができた.パターン生成においては,通常1つのテンプレートを用いると単純なパターンが生成されるが,提案手法を用いると複雑なパターンを生成することが確認できた.これらの結果から提案手法は様々な画像処理に効果的であるといえる. 
(英) In this study, we propose Cellular Neural Networks with switching two types of templates. In the CNN, space varying system is known that it can perform complex processing. Generally, the space varying CNN is not easy to design. However, we can set existing template on each cell of CNN by the proposed method. In the edge detection, the indistinct portion is not detected by the conventional CNN with "Edge detection" template of 3×3 matrix. It is difficult for CNN to recognize that it is the edge or not. Additionally, the detected edge is too bold and some noises are left with "Edge detection" template of 5×5 matrix. By switching these templates in case, we can detect edge in indistinct position. In pattern formation, generally, simple pattern is formed by using one template. On the other hand, some complex patterns are formed by the proposed method. From some simulation results, we confirm that the proposed method is effective for various image processing.
キーワード (和) セルラニューラルネットワーク / 画像処理 / / / / / /  
(英) Cellular Neural Networks / Image processing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 62, NLP2011-1, pp. 1-4, 2011年5月.
資料番号 NLP2011-1 
発行日 2011-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-05-26 - 2011-05-27 
開催地(和) 小豆島オリーブ公園オリーブ記念館大研修室 
開催地(英) Olive park olive memorial hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2種類のテンプレートの切替えを持つセルラニューラルネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cellular Neural Networks with Switching Two Types of Templates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルラニューラルネットワーク / Cellular Neural Networks  
キーワード(2)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 雄大 / Yoshihiro Kato / カトウ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 康弘 / Yasuhiro Ueda / ウエダ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-1 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2011-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会