お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-24 15:40
布を通過した音波を用いた微小振動物体の検出
干場功太郎福島遼介高山潤也蜂屋弘之東工大US2011-12
抄録 (和) 着衣状態の人の音波による呼吸・心拍の非接触測定を行うことを目的に,衣服の音波減衰の大きさを測定するとともに,衣服の背後の微小振動物体の振動速度の検出精度について検討を行った.音波の伝搬経路上に布を平面上に設置し,布がある場合と布がない場合の音波の減衰を比較し,布による透過減衰特性を求めた.次に布を透過した音波を用いて布背後の物体の微小な動きの検出を試みた.M 系列信号を用いてSN 比を向上させ,ターゲットからの反射波の位相の変化を求めたことでターゲットの運動の様子を観察することができた.さらにMTI フィルタを用いることで位相の変化がより鮮明に観察できることがわかった.これらの結果より,衣服の下の人表面のmm 以下の微小な動きの観察に対する基礎データを得ることができた. 
(英) To realize non-contact sensing of clothed person’s breathing and heart rate using airborne ultrasound,we estimated the sound attenuation characteristics of clothes and tried to detect displacement of a object with small movement behind cloths. We measured sound amplitude through a sail cloth as a function of distance and obtained transmission attenuation by comparing sound amplitude without cloths. Then, we observed the small movement of objects behind cloths using airborne ultrasound. M-sequence signal which is used to improve SN ratio and phase information of reflected signal enable to observe the target movement. Moreover we found that MTI filter is effective to observe phase change clearly. These results provide the basic data for detecting submillimeter movement on the human body surface under cloths.
キーワード (和) 音響センシング / M 系列信号 / 音響映像 / 空中超音波 / 生体情報 / / /  
(英) Acoustic sensing / M-sequence / Acoustic imaging / Airborne ultrasound / Vital sign / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 61, US2011-12, pp. 25-30, 2011年5月.
資料番号 US2011-12 
発行日 2011-05-17 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2011-12

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2011-05-24 - 2011-05-24 
開催地(和) 機械振興会館 地下3階2号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2011-05-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 布を通過した音波を用いた微小振動物体の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic detection of objects with small movement behind cloths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響センシング / Acoustic sensing  
キーワード(2)(和/英) M 系列信号 / M-sequence  
キーワード(3)(和/英) 音響映像 / Acoustic imaging  
キーワード(4)(和/英) 空中超音波 / Airborne ultrasound  
キーワード(5)(和/英) 生体情報 / Vital sign  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 干場 功太郎 / Kotaro Hoshiba / ホシバ コウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 遼介 / Ryosuke Fukushima / フクシマ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高山 潤也 / Jun-ya Takayama / タカヤマ ジュンヤ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蜂屋 弘之 / Hiroyuki Hachiya / ハチヤ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-24 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2011-12 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2011-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会