電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-23 15:40
非円滑な発話交替時における沈黙の気まずさとフィラーの関係
佐々木寛紀武川直樹木村 敦徳永弘子東京電機大HCS2011-13 HIP2011-13
抄録 (和) 会話中に発話が途切れ沈黙状態が生じた場合に,参与者間で「エート」や「ウーン」などの音声や「頷く」「口元に触れる」などの身体動作が表出されることがある.これら音声・行動フィラー (filler) は沈黙による気まずさを軽減するために発せられている可能性があるが,実際にフィラーが気まずさ軽減に及ぼす効果については明らかにされていない.そこで本研究では,会話中の沈黙時におけるフィラーの表出と気まずさの関係について実験的に検討する.分析の結果,気まずさは「緊張感」「意識の統合性」「積極性」の因子から成り立っていること,音声フィラーは場に積極的な印象を与え,自然な発話権取得につながっていることが明らかになった.以上より,沈黙中にフィラーが表出されることは気まずさの構成因子に影響を及ぼす傾向があることが示唆された. 
(英) In the present study we explore the psychological role of verbal/nonverbal fillers in awkward silence during conversations. A dyadic-conversation between two undergraduate males was videotaped. We extracted the three types of scenes of silence at non-smooth turn-takings from this dyadic-conversation, (1) silence with verbal fillers, (2) silence with verbal and nonverbal fillers and (3) silence with no filler, and made 15 video clips of these scenes. In the experiment, 10 university students were asked to rate impressions of each of 15 scenes from the aspects of nervousness, cohesiveness and activity. Results of subjective evaluation tests showed that the scenes of silence with verbal fillers tended to be rate more active than those with no filler. These results suggest that expressing verbal fillers in awkward silence have a role to maintain conversations.
キーワード (和) 会話コミュニケーション / 沈黙 / 発話交替 / 気まずさ / フィラー / / /  
(英) conversational communication / awkward silence / tarn-taking / filler / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 59, HCS2011-13, pp. 97-102, 2011年5月.
資料番号 HCS2011-13 
発行日 2011-05-16 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2011-13 HIP2011-13

研究会情報
研究会 HIP HCS  
開催期間 2011-05-23 - 2011-05-24 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2011-05-HIP-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非円滑な発話交替時における沈黙の気まずさとフィラーの関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analysis of awkward silence at turn-takings: Relationship between unpleasant atmospheres and conversation fillers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 会話コミュニケーション / conversational communication  
キーワード(2)(和/英) 沈黙 / awkward silence  
キーワード(3)(和/英) 発話交替 / tarn-taking  
キーワード(4)(和/英) 気まずさ / filler  
キーワード(5)(和/英) フィラー /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 寛紀 / Hiroki Sasaki / ササキ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa / ムカワ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 敦 / Atsushi Kimura / キムラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 弘子 / Hiroko Tokunaga / トクナガ ヒロコ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-23 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2011-13,IEICE-HIP2011-13 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.59(HCS), no.60(HIP) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2011-05-16,IEICE-HIP-2011-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会