電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-20 13:55
放送波パッシブレーダによる在空航空機の測角実験結果報告
森田晋一諏訪 啓中村聖平真庭久和平田和史三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 放送波が航空機などの移動目標で散乱した電波を収集し航空機の測位・測角などを行う放送波パッシブレーダでは,通常のレーダに比較にして一般に放送波は無指向性アンテナで送信されるため目標に対する送信ビーム形成利得が得られず,散乱波は微弱化しクラッタなどに埋もれて測角できないという問題がある.今回散乱波収集用アレーの各素子と直接波の時間―周波数の2次元相互相関を行って移動目標を分離した後に測角を行う方式を検証する実験を行ったので報告する. 
(英) Passive bistatic radar utilizing broadcasting signals has a disadvantage in comparison with monostatic radars, because broadcasting signals are radiated by an omnidirectional antenna and transmitting gain becomes low. Therefore scattering signals from target become considerably weaker and buried in strong clutters. This makes it difficult to estimate direction of these targets. A solution for this problem is to calculate 2-Dimensional (Time-Frequency) cross correlation for each element of scattering array antenna with direct signal earlier, and separate moving targets from static clutters. Authors have made an experiment to verify the performance of this solution.
キーワード (和) パッシブレーダ / バイスタティックレーダ / Passive Coherent Location(PCL) / 放送波 / 測位 / 測角 / /  
(英) Passive Radar / Bistatic Radar / Passive Coherent Location(PCL) / Broadcasting Signal / Localization / DOA / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 52, SANE2011-11, pp. 7-12, 2011年5月.
資料番号 SANE2011-11 
発行日 2011-05-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-05-20 - 2011-05-20 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy of Japan 
テーマ(和) リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Remote sensing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-05-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送波パッシブレーダによる在空航空機の測角実験結果報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Report of Experiment about Estimation DOA of Aircrafts Utilizing Broadcasting Passive Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パッシブレーダ / Passive Radar  
キーワード(2)(和/英) バイスタティックレーダ / Bistatic Radar  
キーワード(3)(和/英) Passive Coherent Location(PCL) / Passive Coherent Location(PCL)  
キーワード(4)(和/英) 放送波 / Broadcasting Signal  
キーワード(5)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(6)(和/英) 測角 / DOA  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 晋一 / Shinichi Morita / モリタ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機(株)情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Co. Information Technology R&D Center (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 啓 / Kei Suwa / スワ ケイ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機(株)情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Co. Information Technology R&D Center (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聖平 / Shohei Nakamura / ナカムラ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機(株)情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Co. Information Technology R&D Center (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 真庭 久和 / Hisakazu Maniwa / マニワ ヒサカズ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機(株)鎌倉製作所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Co. Kamakura Works (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 和史 / Kazufumi Hirata / ヒラタ カズフミ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機(株)情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Co. Information Technology R&D Center (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-20 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2011-11 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2011-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会