お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-20 10:50
反射電極を用いた紫外発光素子の光取り出し効率改善
竹原孝祐竹田健一郎永田賢吾青島宏樹伊藤 駿岩谷素顕竹内哲也上山 智赤サキ 勇名城大)・天野 浩名大ED2011-23 CPM2011-30 SDM2011-36 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2011-23 CPM2011-30 SDM2011-36
抄録 (和) AlGaN系紫外発光素子の高効率化には光取り出し効率の改善が重要である。本研究では、スパッタリングによって成膜したITO膜の高温アニールによる吸収端の短波長化と、それをp型コンタクト層として用いたAl系紫外反射電極について検討した。この反射電極を発光波長350 nmの紫外発光素子に用いることによって動作電圧の上昇を抑えつつ、光出力を1.2倍程度向上させることに成功した。 
(英) Light extraction efficiency is one of the most critical factors for improving the efficiency of UV-LEDs. Combination of thin ITO film annealed at high temperature and Al-based high-reflective electrode is effective as a p-type contact layer to realize high reflectivity and low contact resistivity. The light output power of a 350 nm LED with this reflective electrode is 1.2 times higher than that with a conventional Ni/Au contact without a serious increase of the operating voltage.
キーワード (和) UV-LED / 光取り出し効率 / 反射電極 / / / / /  
(英) UV-LED / light extraction efficiency / reflective electrode / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 45, CPM2011-30, pp. 117-121, 2011年5月.
資料番号 CPM2011-30 
発行日 2011-05-12 (ED, CPM, SDM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2011-23 CPM2011-30 SDM2011-36 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2011-23 CPM2011-30 SDM2011-36

研究会情報
研究会 CPM SDM ED  
開催期間 2011-05-19 - 2011-05-20 
開催地(和) 名古屋大学 VBL 
開催地(英) Nagoya Univ. (VBL) 
テーマ(和) 結晶成長、評価技術及びデバイス(化合物、Si、SiGe、電子・光材料) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2011-05-CPM-SDM-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反射電極を用いた紫外発光素子の光取り出し効率改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High reflective electrode for UV light emitting diodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UV-LED / UV-LED  
キーワード(2)(和/英) 光取り出し効率 / light extraction efficiency  
キーワード(3)(和/英) 反射電極 / reflective electrode  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹原 孝祐 / Kosuke Takehara / タケハラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 健一郎 / Kenichiro Takeda / タケダ ケンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 賢吾 / Kengo Nagata / ナガタ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青島 宏樹 / Hiroki Aoshima / アオシマ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 駿 / Shun Ito / イトウ シュン
第5著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 素顕 / Motoaki Iwaya / イワヤ モトアキ
第6著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 哲也 / Tetsuya Takeuchi / タケウチ テツヤ
第7著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 上山 智 / Satoshi Kamiyama / カミヤマ サトシ
第8著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤サキ 勇 / Isamu Akasaki / アカサキ イサム
第9著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Unv.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 浩 / Hiroshi Amano / アマノ ヒロシ
第10著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-20 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-ED2011-23,IEICE-CPM2011-30,IEICE-SDM2011-36 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.44(ED), no.45(CPM), no.46(SDM) 
ページ範囲 pp.117-121 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ED-2011-05-12,IEICE-CPM-2011-05-12,IEICE-SDM-2011-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会