お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-20 15:25
電磁コンタクタ用AgNi接点の電極質量変化に対する電圧の影響 ~ 開離時のみにアークを発生させた場合の諸特性 ~
吉田 清日本工大)・澤 孝一郎慶大名誉教授)・鈴木健司渡邊勝昭代島英樹富士電機機器制御EMD2011-6 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2011-6
抄録 (和) 電源電圧がアーク継続時間、接触抵抗、アークエネルギー、および電極質量の変化量(消耗,転移)に与える影響について実験した。過去の報告では、開離時と閉成時の両方にアークを発生させたが、本報告では開離時のみにアークを発生させた実験を行った。実験条件は同一で、電源電圧は100V~160Vの間で変化させ、負荷電流は5Aとして、10万回までの連続開閉を行った。その結果、開離時アークのみを発生させた場合、接触抵抗の平均値は電圧の影響を受けずほぼ一定で、閉成時アークが発生する場合より大きくなった。開離時アークの継続時間は、以前とほぼ同じであった。以前の閉成時と開離時のアークが発生する実験では、固定電極の陰極消耗量が積算アークエネルギーに比例した。開離時アークのみの今回の実験でも、固定陰極消耗量はアークエネルギーに比例することが分かった。 
(英) Tests at several source voltages were carried out to clarify the influence of the voltage on various characteristics, arc duration, contact resistance, arc energy, and electrode mass change. In previous experiments, arc was generated in both make and break. In this report, arc is generated only at break. The source voltages are changed from 100V to 160V, load current is set to 5A constant, and an electromagnetic contactor is operated continuously up to 100,000 times. As a result, when only break arc occurs, the source voltage doesn't influence average contact resistance and arc duration is almost same as a past result. In addition, cathode loss of fixed electrode was proportional to total arc energy in the previous experiment. Also, in this experiment that only break arc generated, the cathode loss was proportional to total arc energy.
キーワード (和) 電磁コンタクタ / アーク継続時間 / 電気接点 / アークエネルギー / AgNi接点 / 電極質量変化 / /  
(英) electromagnetic contactor / electrical contact / arc duration / AgNi contact / arc energy / electrode mass change / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 55, EMD2011-6, pp. 27-32, 2011年5月.
資料番号 EMD2011-6 
発行日 2011-05-13 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2011-6 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2011-6

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2011-05-20 - 2011-05-20 
開催地(和) 東北大学 サイバーサイエンスセンター 
開催地(英) Tohoku Univ. Cyber-Science Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2011-05-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁コンタクタ用AgNi接点の電極質量変化に対する電圧の影響 
サブタイトル(和) 開離時のみにアークを発生させた場合の諸特性 
タイトル(英) Influence of Source Voltage on Electrode Mass Change of AgNi Contacts for Electromagnetic Contactor 
サブタイトル(英) Various characteristics of contactor with only break arc 
キーワード(1)(和/英) 電磁コンタクタ / electromagnetic contactor  
キーワード(2)(和/英) アーク継続時間 / electrical contact  
キーワード(3)(和/英) 電気接点 / arc duration  
キーワード(4)(和/英) アークエネルギー / AgNi contact  
キーワード(5)(和/英) AgNi接点 / arc energy  
キーワード(6)(和/英) 電極質量変化 / electrode mass change  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 清 / Kiyoshi Yoshida / ヨシダ キヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学名誉教授 (略称: 慶大名誉教授)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健司 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 富士電機機器制御 (略称: 富士電機機器制御)
Fuji Electric FA Components & Systems Co., Ltd. (略称: Fuji Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 勝昭 / Masaaki Watanabe / ワタナベ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 富士電機機器制御 (略称: 富士電機機器制御)
Fuji Electric FA Components & Systems Co., Ltd. (略称: Fuji Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 代島 英樹 / Hideki Daijima / ダイジ マヒデキ
第5著者 所属(和/英) 富士電機機器制御 (略称: 富士電機機器制御)
Fuji Electric FA Components & Systems Co., Ltd. (略称: Fuji Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-20 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2011-6 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2011-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会