電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-19 15:20
vswitch処理の動的オフロード方式の実装と評価
辻 聡飯星貴裕狩野秀一NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,サーバの集約を目的として,1台の物理的なサーバ上に複数の仮想マシンを導入するサーバ仮想化が広く利用されてきている.サーバ仮想化を行うことで物理的なサーバ台数を削減でき,運用コストの低減が期待できるが,仮想化環境内で用いられる仮想スイッチが性能と管理の両面で,今後より一層のサーバ仮想化の導入の妨げとなっている.これらの問題を同時に解決するために,我々はOpenFlow とネットワークカードの機能を用いた仮想スイッチ処理の動的オフローディング手法を提案してきた.本稿では本手法のプロトタイプ実装と,その評価について述べる.評価の結果,ネットワークのラインレートの90%以上の性能を達成しつつも,管理ドメインのCPU使用率を低く抑えることが確認できた.また,ある通信フローがオフロードされるまでに要するパケット数を測定したところ,10~100パケット程度の通信フローでも本手法の効果が得られることが分かった. 
(英) Recently, server virtualization by which several virtual machines are introduced in a single physical server is widely used in order to consolidate physical servers. Server virtualization promises to decrease a certain amount of operating cost because of decreasing the number of physical servers. But the problems about performance and management of virtual switch included in virtualization environment prevent further introducing server virtualization. In order to solve these problems simultaneously, we propose the method of dynamic offloading of virtual switch tasks which utilize OpenFlow and functionality of network interface card. In this paper, we describe the prototype implementation and evaluation of this method. In the results of the performance evaluation, CPU utilization of the control domain is kept low and also throughput achieves about 90% of line rate of network. Moreover this method works effectively for flows which have tens of packets.
キーワード (和) vswitch / OpenFlow / I/O仮想化支援機構 / / / / /  
(英) vswitch / OpenFlow / I/O virtualization supporting technology / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 43, NS2011-29, pp. 69-74, 2011年5月.
資料番号 NS2011-29 
発行日 2011-05-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2011-05-19 - 2011-05-20 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia University 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング、マルチキャスト、品質・経路制御、IPNWの利用技術(P2P、 P4P、オーバレイ、SIP、NGN)、ネットワークシステム関連技術(システム構成法、インタフェース、アーキテクチャ、ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア)、一般 
テーマ(英) Advanced Protocol and Network Control (Application level routing, QoS and Path Control, P2P, P4P, SIP), Network System Architecture (Interface, Hardware, Software) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) vswitch処理の動的オフロード方式の実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation of Dynamic Offloading of vswitch Tasks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) vswitch / vswitch  
キーワード(2)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(3)(和/英) I/O仮想化支援機構 / I/O virtualization supporting technology  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 聡 / Akira Tsuji / ツジ アキラ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯星 貴裕 / Takahiro Iihoshi / イイホシ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 狩野 秀一 / Shuichi Karino /
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-19 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-29 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会