電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-14 10:40
難易度調節機能を有する時間割自動作成手法
西森友省堀 幸雄今井慈郎香川大ET2011-4
抄録 (和) 本システムは大学において学生が時間割を作成するとき, 学生の学習能力に応じた授業科目で時間割を組み立てるシステムである. 授業科目の過去の学生の成績から不合格者数, 履修者数を抽出する. 授業科目の内容が類似している授業科目を解析し利用する. これらにより, 学生が留年, 単位を落とすことを失くし, 就職, 進学を有利にする. 
(英) Usually, students of universities find information of courses via syllabus description. However, it is not always sufficient for such students to design suitable timetables of schedule for their purposes. A proposed system supports students to design their suitable timetables of schedule by themselves. The system has following four features: 1) Term extraction from syllabus description for each lecture, 2) Generation of characteristic vectors for relevant syllabus description, 3) Calculation of characteristic vector-based relations among lectures, and 4) Automatic planning of suitable timetable of course schedule with suitably combined lectures.
キーワード (和) 時間割 / 難易度 / 単位取得状況 / コサイン類似度 / / / /  
(英) timetable / difficulty / condition of acquisition of credits / cosine similarity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 39, ET2011-4, pp. 19-24, 2011年5月.
資料番号 ET2011-4 
発行日 2011-05-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2011-4

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2011-05-14 - 2011-05-14 
開催地(和) 大阪府立大学 
開催地(英)  
テーマ(和) スキルの分析・教育・学習と支援環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2011-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 難易度調節機能を有する時間割自動作成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Personal University Course Scheduling with Adaptable Class Difficulty 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間割 / timetable  
キーワード(2)(和/英) 難易度 / difficulty  
キーワード(3)(和/英) 単位取得状況 / condition of acquisition of credits  
キーワード(4)(和/英) コサイン類似度 / cosine similarity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 友省 / Yusei Nishimori / ニシモリ ユウセイ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 幸雄 / Yukio Hori / ホリ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 慈郎 / Yoshiro Imai / イマイ ヨシロウ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-14 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2011-4 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2011-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会