電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-13 14:00
非線形対策アルゴリズムを適用したデジタルコヒーレント伝送システムにおける偏波モード分散の影響
小田祥一朗谷村崇仁富士通研)・星田剛司富士通)・大嶋千裕富士通研)・中島久雄青木泰彦富士通)・Li LeiZhenning TaoFujitsu R&D Center)・Jens C. Rasmussen富士通)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) 本稿では、偏波モード分散(PMD)と非線形性の複合効果が
デジタルコヒーレント伝送システムの性能に与える影響を
実験的に評価したので報告する。
SMF伝送路において、10.7 Gb/s NRZ信号混載時の
112 Gb/s 偏波多重4値位相変調(DP-QPSK)信号の伝送性能評価を行い、
WDMチャネル間隔およびファイバ入力パワーに依存して、
PMDが伝送性能の改善または劣化を引き起こすことを実験的に示す。
さらに、デジタル非線形対策アルゴリズム適用後の伝送性能が、
WDMチャネル間隔およびファイバ入力パワーに依存して、
異なるPMD値で最良となることを示す。 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 36, OCS2011-3, pp. 9-14, 2011年5月.
資料番号 OCS2011-3 
発行日 2011-05-06 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS OPE  
開催期間 2011-05-13 - 2011-05-13 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,光増幅・中継技術,非線形・偏波問題,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光伝送システム設計・ツール,一般(OFC報告) 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Core/metro system, Undersea transmission system, Optical transmission system design/tool, etc. (OFC report) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-05-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形対策アルゴリズムを適用したデジタルコヒーレント伝送システムにおける偏波モード分散の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of PMD on Digital Coherent Transmission System Employing Nonlinearity Mitigation Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 崇仁 / Takahito Tanimura / タニムラ タカヒト
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司 / Takeshi Hoshida / ホシダ タケシ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大嶋 千裕 / Chihiro Ohshima / オオシマ チヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 久雄 / Hisao Nakashima / ナカシマ ヒサオ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 泰彦 / Yasuhiko Aoki / アオキ ヤスヒコ
第6著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Li Lei / Li Lei / リ レイ
第7著者 所属(和/英) Fujitsu R&D Center (略称: Fujitsu R&D Center)
Fujitsu R&D Center (略称: Fujitsu R&D Center)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenning Tao / Zhenning Tao / ツェニン タオ
第8著者 所属(和/英) Fujitsu R&D Center (略称: Fujitsu R&D Center)
Fujitsu R&D Center (略称: Fujitsu R&D Center)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / イエンス ラスムッセン
第9著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-13 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-3 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会