お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-13 13:55
ホモジニアスな配線構造によるFPGA設計の容易化
井上万輝尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大RECONF2011-19
抄録 (和) 我々は先行研究において,アイランドスタイル型FPGA のチップ試作を行った.しかし,配線構造が非常に複雑で,設計および検証に多くの時間を費す結果となった.そこで本論文ではFPGA 設計の容易化を目的とした新しい配線構造を提案する.この配線構造は2つの大きな特徴をもつ.第一にデバイスを構成する回路の種類が従来の構造に比べ非常に少ない.第二にシンプルな回路ブロック間の接続関係である.実際に提案アーキテクチャを設計した結果,先行研究で設計したFPGA よりも大幅に回路の種類を削減することができ,設計したHDL ソースコードの
行数をおよそ85\%削減した.また先行研究に比べ設計期間をおよそ半分に短縮することができた.加えて設計容易化を行ったにもかかわらず,提案配線構造は従来のアイランドスタイル型配線構造とほぼ同程度の性能を実現している. 
(英) In previous work, we have designed a prototype chip of island-style FPGA architecture. This architecture has very complex programmable interconnects. They make difficult to design, verify, and test on the prototype chip. For this reason, developement costs will be increased. In order to resolve this problem, we propose new FPGA architecture. There are two features in our architecture. One feature is that our architecture has only a few kinds of tile modules. Another is that our architecture has very simple interconnects. As a result, our proposed architecture brought to save development time. Further, there were little penalties of area and delay even though our architecture is very simple.
キーワード (和) 設計容易化 / ホモジニアス配線構造 / / / / / /  
(英) Easily design / Homogeneous routing architecture / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 31, RECONF2011-19, pp. 109-114, 2011年5月.
資料番号 RECONF2011-19 
発行日 2011-05-05 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2011-19

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2011-05-12 - 2011-05-13 
開催地(和) 北海道大学工学部B3棟 
開催地(英) Hokkaido Univ. (Faculty of Eng., B3 Bldg.) 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2011-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホモジニアスな配線構造によるFPGA設計の容易化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Homogeneous Routing Architecture for Efficient FPGA Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 設計容易化 / Easily design  
キーワード(2)(和/英) ホモジニアス配線構造 / Homogeneous routing architecture  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 万輝 / Kazuki Inoue / イノウエ カズキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-13 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2011-19 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2011-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会