お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-25 13:25
インターネットにおける隠蔽通信路の可能性とその検証についての一考察
室田朋樹東大)・キン ティーダ ラット北陸先端大)・堀場勝広慶大)・櫨山寛章奈良先端大)・加藤 朗慶大ICSS2010-60
抄録 (和) インターネットの社会インフラ化により、ネットワーク機器の安全性検証への関心が高まっている。一般に
ソフトウェアの安全性はソースコード解析によるホワイトボックステストにより担保される。一方、商用ネットワー
ク機器のソースコードは一般に公開されておらず、その動作や安全性が客観的に検証されているとは言えない。ネッ
トワーク機器にオペレータの認知できない情報流出機能が実装されていた場合、その影響範囲は極めて広範囲に渡り、
情報セキュリティ上、重大な脅威となり得る。我々はこのようなオペレータから隠されている情報流出経路を「隠蔽
通信路」と呼び、その存在または不存在を確認するために、標準規格に準拠しているネットワーク機器に対する体系
的なブラックボックステスト手法の研究開発を進めている。本稿では隠蔽通信路に関する脅威モデルを策定するため
の前段階として、隠蔽通信路の分類指標の洗い出しを行う。 
(英) Since the Internet became the society infrastructure, it is necessary to verify the vulnerability of network equip-
ments. Generally the vulnerability (or security) of software is done by white box testing such as source code analysis. In
general, the safety of software is mortgaged by the white box test by the source code analysis. On the other hand, the source
code of the network equipment is not open to the public, and neither the operation nor safety are objectively verified. In the
case of networking hardware, when there is information leakage or covert channel the operator cannot realize, there can be a
severe impact on security. To confirm if there is information leakage or hidden routes, we conduct the research and develop
the systematic methodology for black box testing for network equipments. In this paper, we report the indexes of the threat
model about covert channels on network nodes.
キーワード (和) 隠蔽通信路 / 安全性検証 / 形式的検証 / / / / /  
(英) Covert Channel / Hidden Channel / Hiding Information / Steganography / Formal Verification / Category Indexes / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 475, ICSS2010-60, pp. 23-28, 2011年3月.
資料番号 ICSS2010-60 
発行日 2011-03-18 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2010-60

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2011-03-25 - 2011-03-25 
開催地(和) 開催中止 
開催地(英) Suspended 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2011-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターネットにおける隠蔽通信路の可能性とその検証についての一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on hidden-communication channel in the Internet communication device. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 隠蔽通信路 / Covert Channel  
キーワード(2)(和/英) 安全性検証 / Hidden Channel  
キーワード(3)(和/英) 形式的検証 / Hiding Information  
キーワード(4)(和/英) / Steganography  
キーワード(5)(和/英) / Formal Verification  
キーワード(6)(和/英) / Category Indexes  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 室田 朋樹 / Tomoki Murota / ムロタ トモキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) キン ティーダ ラット / Khin Thida Latt / キン ティーダ ラット
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀場 勝広 / Katsuhiro Horiba / ホリバ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 寛章 / Hiroaki Hazeyama / ハゼヤマ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 朗 / Akira Kato / カトウ アキラ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-25 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2010-60 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.475 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2011-03-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会