お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-18 10:50
アクティブシャッターメガネ方式による3DCG映像の画質評価
河畑則文柴田啓司稲積泰宏堀田裕弘富山大
抄録 (和) 最近,自宅や映画館において,3D映像を視聴する機会が増加してきている.しかし,ディスプレイの立体方式や表示方式は様々であり,正式には統一されていない.また,立体映像の画質評価基準も明確に定められていない.本稿では,立体映像の臨場感や奥行きが視聴者にとってどの程度が適当かを知り,よりよい視聴環境を構築するために,アクティブシャッターメガネ方式による3DCG映像の画質評価を行い,どのような傾向があるかを検証した.また,3DCG映像と2DCG映像,そして,3D自然映像の比較も行い,結果を考察した. 
(英) Recently, we have a good chance to watch three-dimensional movies at home or movie theater. However, there are various form of stereogram or display style, and these are not unified officially yet. In addition, there is no standardization for evaluating objective video quality of three-dimensional movies. For constructing a better viewing environment, a suitable viewing condition about the presence and the depth of the stereoscopic vision should be known. In this paper, for finding out the better viewing conditions, we experimented video quality evaluation of three-dimensional CG movies with active shutter glasses. Also, the comparison of video quality between 3D CG video and 2D CG video, 3D natural video, and 3D CG video including difference of left or right encoding bit rate, are also considered.
キーワード (和) 立体映像 / CG / アクティブシャッターメガネ / サイドバイサイドハーフ / H.264/MPEG-4 AVC / 画質評価 / 主観評価 / ACR法  
(英) three-dimensional Video / Computer Graphics / Active Shutter Glasses / Side by Side Half / H.264/MPEG-4 AVC / Video Quality Evaluation / Subjective Evaluation / Absolute Category Rating Method  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-03-18 - 2011-03-18 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ディスプレイと画質一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-03-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブシャッターメガネ方式による3DCG映像の画質評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Video Quality Evaluation of three-dimensional CG Movies with Active Shutter Glasses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体映像 / three-dimensional Video  
キーワード(2)(和/英) CG / Computer Graphics  
キーワード(3)(和/英) アクティブシャッターメガネ / Active Shutter Glasses  
キーワード(4)(和/英) サイドバイサイドハーフ / Side by Side Half  
キーワード(5)(和/英) H.264/MPEG-4 AVC / H.264/MPEG-4 AVC  
キーワード(6)(和/英) 画質評価 / Video Quality Evaluation  
キーワード(7)(和/英) 主観評価 / Subjective Evaluation  
キーワード(8)(和/英) ACR法 / Absolute Category Rating Method  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 啓司 / Keiji Shibata / シバタ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 泰宏 / Yasuhiro Inazumi / イナヅミ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 裕弘 / Yuukou Horita / ホリタ ユウコウ
第4著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-18 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会