お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-10 10:00
ネットワークデータ間の連動性解析による障害検出方式の検討
木原 拓立石直規瀬戸三郎NTTICM2010-57
抄録 (和) ネットワーク保守業務では,高品質・高信頼なサービスを提供するために,障害発生からサービス復旧までの時間短縮に取り組んでいる.しかし,IP網では,現状広く用いられている警報監視や装置状態監視などのネットワーク監視技術では検出しにくい障害が発生しており,これら障害によって障害検出・原因切分に多大な労力と時間を費やしサービス復旧までの時間が長期化する恐れがある.
現行のネットワーク監視技術では検出しにくい障害に対しては,データ同士の連動性を解析し,その崩れから障害の存在を類推するといったアプローチが有効であると考えられる.こうしたデータから異常検出を行う手法は様々存在するが,ネットワークを対象としたものは少ない.そこで,本稿では,データ間の連動性解析を行う手法の中からネットワークにおける障害検出の要件に適すると考えられる手法について,実トラヒックデータを用いた評価を行い,ネットワーク適用時の課題を抽出しその解決策を検討したので報告する. 
(英) In IP network, to provide high-quality and high-reliability services, we make efforts to reduce service recovery time from network faults. However, there are network faults that operators cannot detect with network monitoring technology which monitors SNMP Trap from network equipments or status data of network equipments. Due to these faults, network operators spent much time for failure detection and isolation, and service recovering time tend to be long. Although fault detection method with relation analysis of network data has researched to detect these faults, few works has aim to a network. In this paper, we evaluate the fault detection method with relation analysis for fault detection in a network. We report problems of the method to use in a network.
キーワード (和) IP網 / 監視・障害検出技術 / 多変量解析 / / / / /  
(英) IP Network / Fault Detection / Multi-Variant Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 466, ICM2010-57, pp. 17-22, 2011年3月.
資料番号 ICM2010-57 
発行日 2011-03-03 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2010-57

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2011-03-10 - 2011-03-11 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2011-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークデータ間の連動性解析による障害検出方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Fault Detection Method with Relation Analysis of Network Data. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IP網 / IP Network  
キーワード(2)(和/英) 監視・障害検出技術 / Fault Detection  
キーワード(3)(和/英) 多変量解析 / Multi-Variant Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木原 拓 / Taku Kihara / キハラ タク
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立石 直規 / Naoki Tateishi / タテイシ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬戸 三郎 / Saburo Seto / セト サブロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-10 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2010-57 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2011-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会