電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-10 15:45
パルス結合されたResonate-and-Fire Neuronモデルにおける雑音誘起現象
中田一紀九工大)・三浦佳二ハーバード大/JST)・林 初男九工大NLP2010-176
抄録 (和) 本研究では, パルス結合された共振-発火型ニューロン(Resonate-and-Fire Neuron; RFN) モデルの二体系における雑音誘起現象について報告する.RFN モデルは, 閾値下の膜電位が振動するスパイキングニューロンモデルであり, そのパルス結合系においてカオスやバースト同期といった複雑な挙動とその分岐構造について解析的に調べられている.本報告では,パルス結合系に摂動として閾値電位に加算性雑音を与えた場合に雑音誘起秩序が観測されることを示し, その特徴が区分連続力学系としての性質を持つ分岐構造から生じていることを示す. 
(英) In this study, we address noise-induced phenomena in a system of two pulse-coupled resonate-and-fire neuron (RFN) models. The RFN model is a spiking neuron model that has second-order membrane dynamics with a firing threshold and exhibits subthreshold oscillation of membrane potential, resulting in the sensitivity to the timing of inputs. In the pulsed-coupled system, we investigated numerically bifurcation structure leading to complex behaviors such as burst synchronization and chaotic phenomena. In this paper, we report that a novel type of noise-induced phenomena occur when additive noise are given as a perturbation on the threshold in the system and show the specific features come from the bifurcation structure as piecewise smooth dynamical system.
キーワード (和) 共振-発火型ニューロンモデル / 雑音誘起現象 / 区分連続力学系 / / / / /  
(英) Resonate-and-Fire Neuron (RFN) Model / Noise-induced Phenomena / Piecewise-smooth Dynamical System / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 465, NLP2010-176, pp. 77-82, 2011年3月.
資料番号 NLP2010-176 
発行日 2011-03-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2010-176

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-03-10 - 2011-03-11 
開催地(和) 東京理科大学森戸記念館 
開催地(英) Tokyo University of Science 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルス結合されたResonate-and-Fire Neuronモデルにおける雑音誘起現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise-induced Phenomena in Two Pulse-Coupled Resonate-and-Fire Neuron Models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共振-発火型ニューロンモデル / Resonate-and-Fire Neuron (RFN) Model  
キーワード(2)(和/英) 雑音誘起現象 / Noise-induced Phenomena  
キーワード(3)(和/英) 区分連続力学系 / Piecewise-smooth Dynamical System  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 一紀 / Kazuki Nakada / ナカダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 佳二 / Keiji Miura / ミウラ ケイジ
第2著者 所属(和/英) ハーバード大学/さきがけJST (略称: ハーバード大/JST)
Harvard University/PRESTO JST (略称: Harvard University/PRESTO JST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 初男 / Hatsuo Hayashi / ハヤシ ハツオ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-10 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-176 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会