お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-10 15:30
時空間情報を用いた異常動作検出
三角久寿小野口一則弘前大PRMU2010-257
抄録 (和) 人物シルエットの形状とその時間的変化を表すことができる特徴を用いて、人物の異常動作を検出する手法を提案する。まず、シルエットを上半身と下半身に分け、各々で複数のブロックに分割する。ブロックのサイズは、ブロック内のピクセル数がそれぞれ均等に割り振られるように大きさを決定する。次いで、ブロック内のピクセル密度を計算する。ピクセル密度の時系列データに対して、離散フーリエ変換を適用し、動作の周期的特徴を獲得する。また、時系列データの平均と分散を求めることで、一定時間内でのシルエットの形状特徴を獲得する。周期的特徴と形状特徴から特徴ベクトルを作成し、One Class SVMにより学習・識別を行う。本手法は、時間的及び空間的特徴を用いるため、人物の動的な異常と静的な異常の両方を識別することができる。実験では、歩く・走る・立ち止まる動作を正常、その他の動作を異常として検出し、手法の有効性を示した。 
(英) This paper presents a method to detect abnormal motion by using spatio-temporal features. At first, silhouette images obtained from the backgrouund subtraction are separated into the upper part and the lower part. Each part is separated into some blocks so that the number of pixels in each block may be distributed equally. Next, the fourier transform is applied to time series data consisting of the pixel density in each block and the motion features are detected. In addition to the motion features, the shape features are detected by calculating the mean and the variance of the pixel density in each block. The classifier using one class SVM is created by leaning feature vectors generated from this process. Our method can detect both dynamic abnormal motions and static ones. In this experiment, walking, running or stopping was detected as normal motion,and the others were abnormal. The validity of the method was confirmed by experimental results.
キーワード (和) 異常検知 / 離散フーリエ変換 / One Class SVM / / / / /  
(英) Abnormal Detection / Discrete Fourier Transform / One Class SVM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 467, PRMU2010-257, pp. 117-122, 2011年3月.
資料番号 PRMU2010-257 
発行日 2011-03-03 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2010-257

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2011-03-10 - 2011-03-11 
開催地(和) 産総研(つくば) 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字・文書の認識と理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-03-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時空間情報を用いた異常動作検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Abnormal Motion Detection Using Temporal and Spatial Infomation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 異常検知 / Abnormal Detection  
キーワード(2)(和/英) 離散フーリエ変換 / Discrete Fourier Transform  
キーワード(3)(和/英) One Class SVM / One Class SVM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三角 久寿 / Hisashi Mikado / ミカド ヒサシ
第1著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野口 一則 / Kazunori Onoguchi / オノグチ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 弘前大学 (略称: 弘前大)
Hirosaki University (略称: Hirosaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-10 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-257 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.467 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会