お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-09 09:30
PCにおけるタスク想起のためのユーザ操作可視化法の提案
松本光弘阪大)・岡野真一森田哲郎住友電工)・沼尾正行阪大)・栗原 聡阪大/JSTAI2010-62
抄録 (和) 近年,個人レベルで大容量の記憶媒体が容易に使えるようになりつつあり,PC 上には多くのファイルが
蓄積されていく一方,有効に利用されてはいない.しかし,多くのタスクがPC にて行われる状況では,タスクに依
存してファイル間に依存関係があったり,過去のファイルが現在のタスクにおいて重要である場合があるなど,すべ
てのファイルにはそのファイルに関するコンテキストが存在するはずである.そこで,ファイルに対する一連の操作
などの時系列履歴やファイルとWeb ページ間の類似関係をネットワークとして抽出・可視化してユーザに提示するこ
とが,ユーザにとってその時のコンテキストを思い出し,検索対象のファイル等を従来の検索手法に比べて容易に見
つけることが可能となることを示す. 
(英) Users can use the huge storage of personal computers at a moderate price in late years, and they tend
to store a large number of files on their computers but cannot make efficient use of them. On the other hand, when
a task is carried out on the computer, some files related to the task may be generated or some old files may be
important for the task. Therefore, all files must be associated with a task and some contexts corresponding to to a
file must exist. Hence, we will show that visualization of “file event network”, which is made by both file access or
web access history and analogous relationship with files or web pages, allows to recall the contexts according to a
file and to retrieve the desired file or web page easier than the traditional approach.
キーワード (和) デスクトップサーチ / ファイルイベントネットワーク / 可視化 / / / / /  
(英) desktop search / file event network / visualization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 462, AI2010-62, pp. 21-26, 2011年3月.
資料番号 AI2010-62 
発行日 2011-03-01 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2010-62

研究会情報
研究会 AI JSAI-KBS IPSJ-ICS JSAI-SAI  
開催期間 2011-03-07 - 2011-03-09 
開催地(和) ラフォーレホテルズ&リゾーツ ホテル白馬八方 
開催地(英) Laforet Club Hotel Hakubahappo 
テーマ(和) 社会システムと情報技術研究ウィーク 
テーマ(英) Workshop of Social System and Information Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2011-03-AI-KBS-ICS-SAI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PCにおけるタスク想起のためのユーザ操作可視化法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ..... 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デスクトップサーチ / desktop search  
キーワード(2)(和/英) ファイルイベントネットワーク / file event network  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 光弘 / Mitsuhiro Matsumoto /
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Univ. (略称: Osaka-u)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 真一 / Shinichi Okano /
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Information and Communications Labs, Sumitomo Electric Industries, Ltd (略称: Sumi-den)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 哲郎 / Tetsuro Morita /
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Information and Communications Labs, Sumitomo Electric Industries, Ltd (略称: Sumi-den)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼尾 正行 / Masayuki Numao /
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Univ. (略称: Osaka-u)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 聡 / Satoshi Kurihara /
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大/JST)
Osaka Univ. (略称: Osaka-u)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-09 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2010-62 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.462 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2011-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会