お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-08 16:35
通信ネットワークの信頼性評価尺度の検討
林 正博NTTCQ2010-84
抄録 (和) 不稼働率は、障害発生回数の多さを表す故障頻度と、障害復旧に要する時間の長さを表すMTTRを乗算した値であり、通信ネットワークの設計・管理の基準となる信頼性評価尺度として広く用いられている。しかし、不稼働率の、信頼性評価尺度としての適切さは十分検証されている訳ではない。例えば、市場シェアの変動への影響という観点からは、不稼働率は必ずしも適切とは言えない可能性があるとの指摘もなされている。そこで、本検討では、改めて不稼働率の適切さを実証的に検証することを目的とし、故障頻度と修理時間のユーザ不満足度への影響に関する検討を行った。具体的には、解約の多さをユーザ不満足度の指標とした上で、解約経験と、その契機となった故障件数や修理時間に関するアンケート調査を行った。本アンケート結果においては、解約するユーザの多さは故障頻度と修理時間の単なる乗算では説明できない可能性が高いことが判明した。これにより不稼働率に代わる、適切な信頼性評価尺度の検討の重要性がより明確となった。 
(英) Unavailability, which is obtained by multiplying failure frequency (the mean number of outages per a unit time) & MTTR (the mean time from the occurrence of outage to the repair), is the most popular reliability measure for reliability design and management of telecommunications networks. However, there has been almost no study to verify the appropriateness of it for practical usage. Only existing study, which recently appeared, showed test results of analysis for the relationship between an important business index ‘market share’ & outages occurrences. It indicated the possibility of the market share not being affected by unavailability, which leads us to the new study to improve the reliability measure. However, this existing study has limitation because it is based on only small number of data for outages. Now, this paper shows a more improved study for this problem. I have carried out the questionnaire survey as for the experiences of dissolution of telecommunications services caused by the outages, where this survey has asked the detailed information of how many outages were experienced and how long they continued. The result of survey indicates that the number of users having the experiences of dissolutions is not affected by the multiplication of failure frequency and MTTR, where it indicates more strongly that we should improve reliability measure from unavailability to more appropriate one.
キーワード (和) 信頼性 / 不稼働率 / 故障頻度 / 信頼性評価尺度 / / / /  
(英) Reliability / Unavailability / Failure Frequency / Reliability Measure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 455, CQ2010-84, pp. 99-104, 2011年3月.
資料番号 CQ2010-84 
発行日 2011-02-28 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2010-84

研究会情報
研究会 CQ MVE IE  
開催期間 2011-03-07 - 2011-03-08 
開催地(和) やすらぎ伊王島 
開催地(英) Yasuragi IOUJIMA 
テーマ(和) 五感メディアの品質,コミュニケーションデザイン,画像符号化,食メディア,一般 
テーマ(英) Quality of Five Senses Media, Communication Design, Image Coding, Food Media, General Area 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2011-03-CQ-MVE-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信ネットワークの信頼性評価尺度の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Reliability Measure for Telecommunications Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(2)(和/英) 不稼働率 / Unavailability  
キーワード(3)(和/英) 故障頻度 / Failure Frequency  
キーワード(4)(和/英) 信頼性評価尺度 / Reliability Measure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正博 / Masahiro Hayashi / ハヤシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-08 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2010-84 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2011-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会