お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-08 14:10
拡散的好奇心を用いたマルチ慣性重み付き粒子群最適化器の探索性能
章 宏九工大NC2010-177
抄録 (和) 本稿では,慣性重み付き粒子群最適化器(Particle Swarm Optimizer with Inertia Weight, PSOIW)の探索性能を高めるため,好奇心を用いたマルチ慣性重み付き粒子群最適化器(Multiple Particle Swarm Optimizers with Inertia Weight with Diversive Curiosity, MPSOIW$\alpha$/DC)を提案する.その特徴としては,(1)複数個のPSOIWの同時探索,(2)局所ランダム探索による各PSOIW探索に対する結果補正,(3)好奇心機能による初期収束問題の解消とのことである.本提案法の探索特徴を調べるため,一式の5次元のベンチマック問題の計算機実験を行う.得られる実験結果により,オリジナルPSOIWおよび他の最適化方法に比べて最良のPSOIWを用いたMPSOIW${}^{\ast}\alpha$/DCの顕著な探索能力が示される. 
(英) In this paper we propose a newly multiple particle swarm optimizers with inertia weight with diversive curiosity (MPSOIW$\alpha$/DC) for improving the search performance of a plain particle swarm optimizer with inertia curiosity (PSOIW). It has the following outstanding features: (1) Implementing plural PSOIWs in parallel to search, (2) Implementing a localized random search to correct solutions for each PSOIW search, and (3) Introducing curiosity into the multi-swarm to alleviate stagnation. For investigating the search characteristics of the proposal, computer experiments on a suite of 5-dimensional benchmark problems are carried out. The obtained results indicate that the search performance of the MPSOIW${}^{\ast}\alpha$/DC using the optimal PSOIW is superior to the PSOIW/DC, EPSOIW, PSOIW, OPSO, and RGA/E for dealing with the given problems.
キーワード (和) 協力的な粒子群最適化 / 慣性重み付き粒子群最適化器 / 好奇心 / ハイブリッド探索 / 群知能 / / /  
(英) cooperative particle swarm optimization / particle swarm optimizer with inertia weight / curiosity / hybrid search / swarm intelligence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 461, NC2010-177, pp. 295-300, 2011年3月.
資料番号 NC2010-177 
発行日 2011-02-28 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2010-177

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2011-03-07 - 2011-03-09 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散的好奇心を用いたマルチ慣性重み付き粒子群最適化器の探索性能 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Search Performance of Multiple Particle Swarm Optimizers with Inertia Weight with Diversive Curiosity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協力的な粒子群最適化 / cooperative particle swarm optimization  
キーワード(2)(和/英) 慣性重み付き粒子群最適化器 / particle swarm optimizer with inertia weight  
キーワード(3)(和/英) 好奇心 / curiosity  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッド探索 / hybrid search  
キーワード(5)(和/英) 群知能 / swarm intelligence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 章 宏 / Hong Zhang / ショウ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: K.I.T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-08 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2010-177 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2011-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会