お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-07 17:25
虚血時における心筋細胞のATP放出制御とそのシグナル伝達機構に関する研究
功刀聡彦岩淵禎弘松山大輔河原剛一北大MBE2010-112
抄録 (和) 細胞外へのATP放出経路としては、様々な経路が報告されているが、心筋細胞においては、maxi-anion channelが虚血の早期のATP放出において関与している事が報告されているほか、hemichannelsも虚血時におけるATP放出路として報告されている。また、ATPに関しては細胞外情報伝達物質として働く事も注目されている。一方で、虚血時の心筋細胞におけるmaxi-anion channelを介するATP放出とhemichannelsを介するATP放出との機能連関の詳細、ATP放出と虚血・再灌流細胞傷害との関連性については未だ明確ではない。本研究では、虚血時における心筋細胞において、何らかのメカニズムが働く事でATPを自身に保持している可能性を考え、心筋細胞の虚血時における細胞外へのATP放出制御に関わる細胞内シグナル伝達機構を明らかにする事を目的とした。 
(英) A variety of cellular mechanisms are involved in the release of intracellular ATP in cardiomyocytes. It is reported that the maxi-anion channel is the major pathway for ATP release in the early stage of ischemia, while ATP is also released through hemichannels during ischemia. Recent findings have revealed that ATP works as one of the extracellular signaling molecules responsible for intercellular communications. However, functional relationships not only between ATP release via maxi-anion channels and that via hemichannels, but also between the quantity of ATP released and ischemia/reperfusion injury in cardiomyocytes are unknown. In this study, we aimed at clarifying the intracellular signal transduction system regulating ATP release during ischemia in cultured cardiomyocytes. The present study suggested that there existed a negative-feedback regulatory mechanism for the maxi-anion channel-derived ATP-induced suppression of further ATP release via hemichannels during ischemia.
キーワード (和) 虚血 / 再灌流 / 心筋細胞 / ATP / maxi-anion channel / hemichannels / /  
(英) ischemia / reperfusion / cardiomyocytes / ATP / maxi-anion channel / hemichannels / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 460, MBE2010-112, pp. 53-56, 2011年3月.
資料番号 MBE2010-112 
発行日 2011-02-28 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2010-112

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2011-03-07 - 2011-03-09 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2011-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 虚血時における心筋細胞のATP放出制御とそのシグナル伝達機構に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal transduction mechanisms for the regulation of ATP release during ischemia in cardiomyocytes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 虚血 / ischemia  
キーワード(2)(和/英) 再灌流 / reperfusion  
キーワード(3)(和/英) 心筋細胞 / cardiomyocytes  
キーワード(4)(和/英) ATP / ATP  
キーワード(5)(和/英) maxi-anion channel / maxi-anion channel  
キーワード(6)(和/英) hemichannels / hemichannels  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 功刀 聡彦 / Satohiko Kunugi / クヌギ サトヒコ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩淵 禎弘 / Sadahiro Iwabuchi / イワブチ サダヒロ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 大輔 / Daisuke Matsuyama / マツヤマ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 剛一 / Koichi Kawahara / カワハラ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-07 17:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2010-112 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2011-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会