電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 11:20
プッシュ型情報配信に対する回答所要時間に関する一考察
多屋優人横山浩之KDDI研LOIS2010-86
抄録 (和) 個々のユーザに対してプッシュ型情報を配信するシステムを構築・運用する上で,情報通知に対するユーザの回答所要時間特性を把握することは重要である.筆者らは,14 名の被験者を対象としたフィールド実験を約2ヶ月間実施した.このフィールド実験では,情報通知として,1 日に少なくとも3 回の頻度でメールを配信を行い,そのときの回答所要時間を収集した.その結果,回答所要時間分布はべき関数に従い,被験者の位置情報と情報通知の配信タイプの違いによって分布の傾向が異なることがわかった. 
(英) It is important to figure out a feature of a response time of a push notification for constructing and maintaining a push type information delivery system for each user. The authors conducted a field experiment for
about 2 months and 14 students are participate. Some e-mails are delivered to the participants in daily life and the response time is collected. The result shows that the distribution of the response time obeys power law and that is differ among the delivery type and the actual location.
キーワード (和) 反応時間 / 回答所要時間 / べき乗則 / ポアソン過程 / 位置情報 / / /  
(英) Response time / Power law / Poisson process / Location information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 450, LOIS2010-86, pp. 125-129, 2011年3月.
資料番号 LOIS2010-86 
発行日 2011-02-24 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2010-86

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 
開催地(英) Ishigaki IT business support center 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2011-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プッシュ型情報配信に対する回答所要時間に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration of a response time for a push notice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反応時間 / Response time  
キーワード(2)(和/英) 回答所要時間 / Power law  
キーワード(3)(和/英) べき乗則 / Poisson process  
キーワード(4)(和/英) ポアソン過程 / Location information  
キーワード(5)(和/英) 位置情報 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 多屋 優人 / Masato Taya / タヤ マサト
第1著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 浩之 / Hiroyuki Yokoyama / ヨコヤマ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2010-86 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.125-129 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-LOIS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会