お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 13:20
柔軟な経路表:経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式
長尾洋也首藤一幸東工大NS2010-253
抄録 (和) オーバレイネットワークにおけるルーティングアルゴリズムの構成手法である
``柔軟な経路表(FRT)''
を提案する.
FRTに基づくアルゴリズムは,
経路表間の優劣を表す順序関係$\leq _{ID}$を定義し,
それに従って経路表の改良を繰り返すことで,
経路表構築の際に経路表の候補を限定することなくノードIDを考慮できる.

FRTに基づくDHTアルゴリズムFRT-Chordを設計し,
十分経路表が更新されるとき,経路長がノード数$N$に対して$O(\log N)$
になることを示した.
また,FRT-Chordを実装し,
FRTの経路表更新手続きが意図したとおりに動作し,
経路表を短縮することを確認した. 
(英) We present ``Flexible Routing Tables (FRT)",
a method of designing routing algorithm for structured overlay networks.
The algorithms based on FRT are able to consider node identifiers without restriction of candidates for routing tables,
because they define orders ``$\leq_{ID}$'' of preferativity for node identifiers in tables,
and repeat updating own tables based on the order.

We design FRT-Chord, a DHT based on FRT and
demonstate that it achieves $O(\log N)$-hop lookup performance.
We also implement it
and show that its method of constructing routing tables works well
and makes path lengthes short.
キーワード (和) オーバレイネットワーク / 分散ハッシュ表 / Peer-to-Peer / クラウドコンピューティング / / / /  
(英) Overlay Network / DHT / Peer-to-Peer / Cloud Computing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-253, pp. 503-508, 2011年3月.
資料番号 NS2010-253 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-253

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 柔軟な経路表:経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flexible Routing Tables: Routing Algorithms in Overlay Networks with Total Orders in Routing Table Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバレイネットワーク / Overlay Network  
キーワード(2)(和/英) 分散ハッシュ表 / DHT  
キーワード(3)(和/英) Peer-to-Peer / Peer-to-Peer  
キーワード(4)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud Computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 洋也 / Hiroya Nagao / ナガオ ヒロヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 一幸 / Kazuyuki Shudo / シュドウ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-253 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.503-508 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会