お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 14:10
MLBルーティングにおけるパスコスト最小化を実現する自動パラメータ設定機構
篠原悠介千葉靖伸下西英之NECNS2010-237
抄録 (和) 逆行列計算によって経路表の一括計算が可能であるという特性を持つことによって,大規模なネットワ
ークにおいてもマルチパス経路計算が可能なルーティング制御であるMLBルーティングが提案されている.しかし,
MLBルーティングはそのパス選択が拡散パラメータに大きく依存し,また,拡散パラメータの設定に関する指針が
ないため,刻々と変化するトラヒックに対し常に良好にパスを分散させることが困難である.そこで本稿では,常
に良好にパスを分散させるマルチパスルーティングを実現するため,MLBルーティングの拡散パラメータ設定方法
を提案し,その有効性を評価する. 
(英) MLB routing that can construct a routing table by computing an inverse matrix and is suitable for large scale
networks has already been proposed. However, its path computation heavily depends on a diffusion parameter and there is no
guideline to set up the parameter. Thus, it is hard to select paths that have optimal path costs. This paper proposes an automatic
parameter setting algorithm to select optimal paths. We confirm the performance of the proposed algorithm.
キーワード (和) マルチパスルーティング / 自動パラメータ制御 / パスコスト最小化 / / / / /  
(英) Multipath Routing / Automatic Parameter Control / Minimizing Path Cost / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-237, pp. 411-416, 2011年3月.
資料番号 NS2010-237 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-237

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MLBルーティングにおけるパスコスト最小化を実現する自動パラメータ設定機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Parameter Setting Mechanism Minimizing Path Cost on MLB Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチパスルーティング / Multipath Routing  
キーワード(2)(和/英) 自動パラメータ制御 / Automatic Parameter Control  
キーワード(3)(和/英) パスコスト最小化 / Minimizing Path Cost  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 悠介 / Yusuke Shinohara / シノハラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 靖伸 / Yasunobu Chiba / チバ ヤスノブ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 下西 英之 / Hideyuki Shimonishi / シモニシ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-237 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.411-416 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会