お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 15:15
10Gbps誤り訂正符号化装置を用いた120GHz帯伝送実験
杉之下文康岡部 聡池田哲臣正源和義NHK)・高橋宏行NTT)・枚田明彦久々津直哉NHKAP2010-194
抄録 (和) 筆者らは,HD-SDI信号を多重して伝送する120GHz帯無線に適用する10Gbps誤り訂正符号化装置の開発を行っている.試作した誤り訂正符号化装置を用いて,2009年11月に実施した3km 伝送実験の結果について検討した.特に,水蒸気密度と受信電力の関係に着目して,測定結果のばらつきの原因を検討した.実験時の気温変動も考慮することで,測定結果のばらつきを排除できることがわかり,その結果を用いて120GHz帯無線の回線設計を行った. 
(英) We are developing 10-Gbps forward error correction system of 120-GHz-band wireless transmission for multiplexed HD-SDI signal. This paper describes the results of 120-GHz transmission experiment over 3 km long with the 10-Gbps forward error correction system in November 2009. We analyzed measured data such as received power, BER, and water vapor density, etc., and found the data variation caused primarily by temperature characteristic. Link budget calculations based on the measured data are performed.
キーワード (和) 120GHz / 誤り訂正 / 回線設計 / 水蒸気密度 / 大気吸収損 / / /  
(英) 120-GHz / FEC / link budget / water vapor density / attenuation by atmospheric gases / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 446, AP2010-194, pp. 123-128, 2011年3月.
資料番号 AP2010-194 
発行日 2011-02-24 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2010-194

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 茨城大学 
開催地(英) Ibaraki Univ. 
テーマ(和) マイクロ波ミリ波帯におけるアンテナ・伝搬技術,一般 
テーマ(英) AP, MW 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2011-03-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 10Gbps誤り訂正符号化装置を用いた120GHz帯伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Experiment of 120-GHz-Band Wireless Link using 10Gbit/s Forward Error Correction System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 120GHz / 120-GHz  
キーワード(2)(和/英) 誤り訂正 / FEC  
キーワード(3)(和/英) 回線設計 / link budget  
キーワード(4)(和/英) 水蒸気密度 / water vapor density  
キーワード(5)(和/英) 大気吸収損 / attenuation by atmospheric gases  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉之下 文康 / Fumiyasu Suginoshita / スギノシタ フミヤス
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 聡 / Satoshi Okabe / オカベ サトシ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen / ショウゲン カズヨシ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 宏行 / Hiroyuki Takahashi / タカハシ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 (略称: NTT)
NTT Microsystem Integration Laboratories, (略称: NTT Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 枚田 明彦 / Akihiko Hirata / ヒラタ アキヒコ
第6著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 久々津 直哉 / Naoya Kukutsu / ククツ ナオヤ
第7著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories, (略称: NHK Labs.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2010-194 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.446 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会