お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 10:20
トラヒックオフロードの適用に伴うコアネットワーク・無線の負荷軽減に関する考察
立木将人及川康之小室貴史NTTドコモNS2010-229
抄録 (和) 近年のスマートフォン等の普及スピードの増加により,モバイルキャリアネットワークを通過するトラヒック量は大きく増加しているため,設備投資の効率化やトラヒック削減が求められている.この代表的な施策の一つとしてトラヒックオフロードという技術が存在する.オフロードは様々な方式が提案されているが,モバイルネットワークに適用することを考慮した場合,モビリティへの対応に関して課題が生じる場合がある.本稿では提案された各方式について適用する上での課題を抽出し,コアネットワークへの適用についてはモビリティへの対応も含め比較し,3gppで標準化されたDirect Tunnelを適用案とする.その際に実際のネットワークに適用する場合の課題についてパス監視といった負荷の面について検討を行い,RNCに大きな影響を与えずコアネットワークで吸収する方式について考察する. 
(英) Recently, since the number of smart phones is increasing, the amount of traffic which passes through a mobile career network is also increasing greatly. Accordingly, improvement of investment efficiency in network facilities and reduction of traffic is needed. The traffic offload technology is one of the typical measures of these problems. However, when applying to a mobile network is taken into consideration, an issue arises about the correspondence to the movement of the user. In this paper, we considered the problems of applying each method of traffic offload to a mobile core network, so that we can propose the utilization of Direct Tunnel which is standardized by 3gpp. On the other hand, when applying to an actual mobile network, Direct Tunnel has some problems such as load of processing and monitoring networks. We proposed an improved system that does not have big influence on radio access network.
キーワード (和) スマートフォン / / / / / / /  
(英) direct tunnel / relocation / traffic offload / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-229, pp. 375-378, 2011年3月.
資料番号 NS2010-229 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-229

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラヒックオフロードの適用に伴うコアネットワーク・無線の負荷軽減に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An inquiry into load reduction in 3G core and radio access network with introduction of a traffic offload system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートフォン / direct tunnel  
キーワード(2)(和/英) / relocation  
キーワード(3)(和/英) / traffic offload  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立木 将人 / Masato Tachiki / タチキ マサト
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 康之 / Yasuyuki Oikawa / オイカワ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 貴史 / Takashi Komuro / コムロ タカシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-229 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.375-378 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会