電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 09:50
共通鍵ブロック暗号HyRALに対する高階差分攻撃
芝山直喜五十嵐保隆金子敏信半谷精一郎東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,2010年に平田によって提案された共通鍵ブロック暗号HyRALに対する高階差分攻撃について報告する.
16階差分を用いた場合,HyRALには高階差分の一種である7ラウンドの飽和特性が存在し,これを利用することによって,鍵長が256bitのとき,11ラウンドのHyRALに対し,飽和攻撃が可能であることが報告されている.
本稿では,HyRALの7ラウンドの同期型8階差分特性について示し,これを利用した高階差分攻撃の結果を述べる.
鍵長が128bitの場合,10ラウンドのHyRALに対して,選択平文数$2^{11.8}$,計算量$2^{110}$で高階分攻撃が可能である.
鍵長が192,256bitの場合,それぞれ11,12ラウンドのHyRALに対して,選択平文数$2^{12.5}$,$2^{12.9}$,計算量$2^{174}$,$2^{238}$で高階差分攻撃が可能である. 
(英) In this paper, we focuse on the higher order differential attack on block cipher HyRAL that was proposed by Hirata in 2010.
This paper shows the 7-round synchronous higher order differential characteristics of HyRAL and estimates the costs of the attack using them.
For the case of a 128-bit key, it is possible to apply the higher order differential attack to 10-round HyRAL.
We need $2^{11.8}$ blocks of chosen plaintext and $2^{110}$ times of data encryption.
For the case of 192/256-bit key, it is also possible to apply the attack to 11-round and 12-round HyRAL, respectively.
We need $2^{12.5}$, $2^{12.9}$ blocks of chosen plaintext and $2^{174}$, $2^{238}$ times of data encryption, respectively.
キーワード (和) HyRAL / ブロック暗号 / 同期型高階差分特性 / 暗号解析 / / / /  
(英) HyRAL / Block Cipher / Synchronous Higher Order Differential Characteristics / Cryptanalysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 443, ISEC2010-123, pp. 341-347, 2011年3月.
資料番号 ISEC2010-123 
発行日 2011-02-24 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2011-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共通鍵ブロック暗号HyRALに対する高階差分攻撃 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Higher Order Differential Attack on HyRAL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HyRAL / HyRAL  
キーワード(2)(和/英) ブロック暗号 / Block Cipher  
キーワード(3)(和/英) 同期型高階差分特性 / Synchronous Higher Order Differential Characteristics  
キーワード(4)(和/英) 暗号解析 / Cryptanalysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝山 直喜 / Naoki Shibayama / シバヤマ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 保隆 / Yasutaka Igarashi / イガラシ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 半谷 精一郎 / Seiichiro Hangai / ハンガイ セイイチロウ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2010-119,IEICE-ISEC2010-123,IEICE-WBS2010-98 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.442(IT), no.443(ISEC), no.444(WBS) 
ページ範囲 pp.341-347 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2011-02-24,IEICE-ISEC-2011-02-24,IEICE-WBS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会