お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 09:50
複数仮想ネットワーク環境におけるサイレント故障検知手法に関する一検討
中村信之伊加田恵志OKIIN2010-182
抄録 (和) 近年のインターネットの利用形態として仮想ネットワークやクラウドネットワークが利用される機会が増えている.これらの新しい形態のネットワークは最適化機能を持ちインターネット側の障害などを回避して通信するため,サイレント故障の検知が今後さらに難しくなると考えられる.これらのネットワークでは音声や動画像通信だけではなくファイル転送やメールなどのデータ通信が多く発生するが,インターネットから見るとカプセル化されたデータ通信に見えるため,これらのデータ通信フローの品質値を推定して品質障害を検知する手法とサイレント故障の場所を推定する手法が必要となる.本稿では,データ通信のフローからジッタやパケットロスなどの品質値を推定する手法と,品質劣化と仮想ネットワーク側の最適化機能による経路変更をネットワークトモグラフィに適用することでサイレント故障要因を推定する手法を提案し,簡単な実験により評価した結果を報告する. 
(英) Now we have lots of opportunities to use the Virtual Network technologies like VPN, Cloud, etc. These virtual networks treat many kind of application flows (which are VoIP, MoIP, and data transition), and exchange a huge amount of traffic. However for the internet (as an under layer network) they are only Virtual Network’s data packets and the internet operators can’t know what type of traffic they transferred. Moreover Virtual Network technologies may have autonomous self-organization functions, so they can avoid the internet’s silent failures and some kind of quality degradations to keep their network good. Thus we need the method to estimate the quality parameters (jitter and lost packets) from such data flows at the point of gateway equipments and the method to infer the silent failure points from the estimated quality parameters, estimated Virtual Network’s re-route, and network tomography. In this paper, we propose these methods and evaluate whether the estimating quality parameters are used as the useful quality parameters or not.
キーワード (和) 仮想ネットワーク / 品質劣化 / サイレント故障 / ネットワークトモグラフィ / / / /  
(英) Virtual Network / QoS Degradation / Silent Failures / Network Tomography / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-182, pp. 229-234, 2011年3月.
資料番号 IN2010-182 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-182

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数仮想ネットワーク環境におけるサイレント故障検知手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Method for detecting Silent failures in Virtual Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想ネットワーク / Virtual Network  
キーワード(2)(和/英) 品質劣化 / QoS Degradation  
キーワード(3)(和/英) サイレント故障 / Silent Failures  
キーワード(4)(和/英) ネットワークトモグラフィ / Network Tomography  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 信之 / Nobuyuki Nakamura / ナカムラ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co.,Ltd. (略称: OKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊加田 恵志 / Satoshi Ikada / イカダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co.,Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-182 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.229-234 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会