電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 11:40
無線センサを用いた人物混雑度推定のアプリケーション拡張
鈴木崇雅甲藤二郎早大
抄録 (和) 近年、様々なアプリケーションにおいて、環境中における人の混雑度を求めることが重要なトピックとなっている。既存手法として、カメラベース手法や個人にRFIDを付与した手法が主に挙げられる。しかし、これらはプライバシー保護や導入コストの面において問題がある。そこで代替案として、既存の無線インフラにおける受信電波強度(RSSI)や通信リンク品質(LQI)を用いた混雑度推定手法が存在する[1]。この手法は、無線環境中に人間がいることで、RSSIが回折などによって低下し、LQIの分散が大きくなる事を利用して行う。
しかし、既存研究における混雑度推定は、2端末間の通信時におけるものであり、現実のネットワークにおける汎用性に乏しい。また、既存研究は基礎的な特性評価に留まり、リアルタイム実装は行っていなかった。そこで本稿では、推定手法をマルチホップ拡張することで測定範囲を広げ、かつ、リアルタイムで推定を可能にするアプリケーションの作成を行った。そして、現実環境において実装実験を行いその動作を評価した。 
(英) Today, for market's investigations and automatic monitoring systems, crowd density estimation becomes an important research topic. There are existing methods such as the camera based crowd density estimation or the RFID based counting systems. However, these methods need deployment costs and enough spaces to set the sensors. To solve these problems, there is a estimation system using RSSI (Received Signal Strength Indicator) and LQI (Link Quality Indicator) in wireless sensor networks [1]. RSSI is a signal strength obtained by monitoring the packets that are communicated between nodes. We assume that, as the number of people increase, RSSI value is violated and decreases.
However, this method applies only to networks where one pair nodes communicate with each other. It’s not practicable for many networks. And this method focused only on off-line evaluation and did not implement realtime applications. In this paper, we therefore extend a existing method to multihop networks where two or more nodes access to a base station and cover wider area. Finally, we evaluate validity of our proposal and develop an application which can estimate number of people in real-time with wireless sensors.
キーワード (和) 混雑度推定 / 無線センサネットワーク / RSSI / LQI / Zigbee / / /  
(英) Crowd Density / Wireless Sensor Networks / RSSI / LQI / Zigbee / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-233, pp. 393-398, 2011年3月.
資料番号 NS2010-233 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサを用いた人物混雑度推定のアプリケーション拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application extensions of crowd density estimation by wireless sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混雑度推定 / Crowd Density  
キーワード(2)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(3)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(4)(和/英) LQI / LQI  
キーワード(5)(和/英) Zigbee / Zigbee  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 崇雅 / Takamasa Suzuki / スズキ タカマサ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-233 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.393-398 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会