お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 08:30
無線マルチホップアドホックネットワークにおけるTCP Vegasを拡張した輻輳制御方式の改善
市村勇貴甲藤二郎早大NS2010-207
抄録 (和) 従来のTCPは有線向けに設計されているためにウィンドウサイズを積極的に増加させる。そのため、無線マルチホップアドホックネットワークではMAC層でのコンテンションやパケット衝突などを引き起こし、性能低下に繋がる。そこで、Vegasをベースにしたウィンドウサイズの増加幅・増加回数を抑制する輻輳制御方式が提案されている。しかし、この方式は想定する環境によっては効果的に作用しないことがある。本研究では、パケットサイズを動的に変更するAPS(Adaptive Packet Size)手法を適用することにより、スループットの改善を目指す。 
(英) The conventional TCP protocol was initially designed for wired networks and increase aggressively its window size. Therefore, the contention and packet collision in MAC layer are occurred over wireless multi-hop ad-hoc networks. A congestion control method extending TCP Vegas was proposed for such networks. However, this method does not work effectively in some environments. In order to improve its throughput performance, we apply the Adaptive Packet Size method that changes its packet size adaptively.
キーワード (和) TCP / マルチホップネットワーク / APS / / / / /  
(英) TCP / Multi-hop Networks / APS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-207, pp. 253-256, 2011年3月.
資料番号 NS2010-207 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-207

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップアドホックネットワークにおけるTCP Vegasを拡張した輻輳制御方式の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving a Congestion Control Method extending TCP-Vegas over Wireless Multi-hop Ad-Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(2)(和/英) マルチホップネットワーク / Multi-hop Networks  
キーワード(3)(和/英) APS / APS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市村 勇貴 / Yuuki Ichimura / イチムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 08:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-207 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.253-256 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会