電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 10:20
Underwater Sensor Networkにおけるオンデマンドルーティング方式の検討
荻野隆史高野敦宏吉永真人甲藤二郎早大)・近藤逸人東京海洋大
抄録 (和) 近年,海中の環境データの収集を目的としてUnderwater Sensor Networkが注目されている.しかしUnderwater Sensor Networkでは,通信に音波を用いるため伝播速度が非常に遅く,それに伴う伝播遅延や,周囲の雑音などによる影響が大きく,電波による無線通信に比べ非常に厳しい環境下での通信となり,既存のプロトコルでは効率のよいルーティングや通信を行うことが困難である.本稿では,Underwater Sensor Networkで適切に動作するオンデマンドのルーティング方式を提案し,シミュレーションによって有効性を評価した. 
(英) Recently, Underwater Sensor Network has attracted attention as a sensing method of environmental sea information. However, Underwater Sensor Network uses acoustic wave for data transmission which is very slow causes heavy transmission delay, and is vulnerable to acoustic noises in a sea. Therefore, it is very difficult to implement efficient routing and data transmission by the existing Ad-hoc routing protocols. In this paper, we propose an On-demand routing method adapted to Underwater Sensor Network, and evaluate its performance by a network simulator.
キーワード (和) Underwater Sensor Network / オンデマンドルーティング / AODV / / / / /  
(英) Underwater Sensor Network / On-Demand Routing / AODV / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-212, pp. 281-286, 2011年3月.
資料番号 NS2010-212 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Underwater Sensor Networkにおけるオンデマンドルーティング方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on On-Demand Routing in Underwater Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Underwater Sensor Network / Underwater Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) オンデマンドルーティング / On-Demand Routing  
キーワード(3)(和/英) AODV / AODV  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 隆史 / Takafumi Ogino / オギノ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 敦宏 / Atsuhiro Takano / タカノ アツヒロ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 真人 / Masato Yoshinaga / ヨシナガ マサト
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 逸人 / Hayato Kondo / コンドウ ハヤト
第5著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine and Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-212 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.281-286 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会