お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 15:30
サーバとネットワークへの負荷集中を回避するサーバ配置
中村亮太巳波弘佳関西学院大NS2010-295
抄録 (和) 近年,大容量コンテンツの利用増加により,ネットワークトラフィックやコンテンツ配信サーバへの負荷が増大している.これに対処するための一つの手段として,同一コンテンツを保持する複数のミラーサーバをネットワーク上に分散配置し,ユーザからのアクセスを適切なサーバに誘導することにより,遅延時間の削減・サーバの負荷分散・ネットワークやサーバの故障への耐性の向上を図るというものがある.その際,ネットワーク上のサーバの配置場所が性能を左右するため,サーバ配置設計が重要となる.インターネットにおける通信経路は,OSPFのようなルーティングプロトコルによって一般に最短経路が選ばれるため,ユーザとサーバまでの経路は自動的に決まってしまい,その結果,特定のリンクに経路が集中して負荷が増大する可能性がある.そこで,本稿では,最も近いサーバまで最短経路でルーティングされる制御が行われている状況の下で,各サーバに対してそれを最近接サーバとして選択するノード数の上限(各サーバへの負荷抑制に対応)と,各リンクを通る経路数の上限(各リンクへの負荷抑制に対応)に関する制約を満たすサーバ配置を決定する問題を扱う.まず,この問題がNP完全であることを証明する.さらに近似アルゴリズムを設計し,現実の様々なネットワークに対して性能評価実験を行い,良好な性能が得られることを示す. 
(英) Recently, large contents in the Internet have increased loads of contents servers and networks, which may degrade the quality of service. To overcome this problem, some mirror servers providing the same contents are located on a network and a request is navigated to one of the mirror servers. It is important to locate the mirror servers on the appropriate place in a network, as it affects the performance. In this paper, we address the server location problem, which determines the location of the mirror servers satisfying the following two constraints: the number of the paths to the servers on any edge is small; and the number of the nodes whose nearest mirror server is the same is small. First, we prove that this problem is NP-complete. Next, we present a heuristhic algorithm and evaluate it by applying to some actual network topologies. The results show that the algorithm can determine a good server location.
キーワード (和) Content Delivery Network / サーバ配置 / QoS / 最適化 / アルゴリズム / / /  
(英) Content Delivery Network / Server Location / QoS / Optimization / Algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-295, pp. 753-758, 2011年3月.
資料番号 NS2010-295 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-295

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サーバとネットワークへの負荷集中を回避するサーバ配置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method of Locating Mirror Servers with Restricted Loads on Servers and Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Content Delivery Network / Content Delivery Network  
キーワード(2)(和/英) サーバ配置 / Server Location  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(5)(和/英) アルゴリズム / Algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 亮太 / Ryota Nakamura / ナカムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-295 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.753-758 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会