お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 15:55
ネットワーク学習支援のための経路制御可視化アプリケーション開発
川西千晶今井慈郎香川大ET2010-124
抄録 (和) ネットワーク教育は大学の理工系学部のみならず,ほとんど総て学部で重要なテーマとなっている.そこで,講義の効率化や実習による理解の支援が望まれている.本研究において,ネットワークの概要が講義された後,学習者が自身の手元で,簡単なネットワークトポロジを設定でき,特定の端末(情報サーバ,あるいは個人用PCと考えても良い)間でパケット通信がどのように実現されるかを確認するための学習支援ツールを開発している.
このツールはネットワーク学習を支援するため,現在,OSI参照モデルの第3階層プロトコルにおける経路制御を可視化することを目的としたアプリケーションソフトウェアとして実装している.実行環境を一般化するため,Webアプリケーションとして実現し,WindowsPCのみならず,多様なOS環境+ブラウザで動作する.また,経路制御動作を視覚化することで,指導者が教材として使用することも,個別の学習者が,自身のペースでネットワーク理解を深めることも可能となるよう設計方針を検討した.
内部構造は次の3つ部分からなり,ユーザ自身がネットワークトポロジを設計でき,送受信端末(マシン)を設定し,パケット通信を視覚的に表現する.トポロジ設定支援パートでは,画面をメッシュとして捉え,各メッシュにネットワーク機器(ルータ)や端末(PC)などを配置することができる.トポロジの確定を受けて,経路制御情報が更新され,ルーティングテーブルが構成される.送受信端末を指定し,パケット通信開始を指示することで,アニメーションが開始され,学習者は視覚的に動作を確認することができる. 
(英) The first half of the paper describes design and development of a graphical simulator in order to understand practically routing mechanism of the third layer's protocol of OSI.An aim of utilizing such a simulator is to improve Network studying for beginners in Higher education.This simulator has been implemented in Javascript because of being available for general browsers on multiple OS environments.Users of the simulator can set/locate test route, namely network topology with network devices and terminals (PCs). After definition of test network, the simulator can create routing table for data transferring in the virtual (i.e. testing) network. According to operations from users, simulating network performance can be carried out based on users' specification and demonstrated as graphical animation
The second half of the paper shows how to utilize the simulator to learn Network literacy.It is much more necessary to learn Network literacy as information literacy is getting focused in the higher education.With such a simulator, learning network mechanism will be more efficient even for beginners in higher education. Additionally, not only learners but also instructors can utilize this simulators in order to explain how network operates visually.
キーワード (和) 高等教育におけるネットワークリテラシ教育 / 経路制御の可視化 / 視覚化シミュレータ / / / / /  
(英) Graphical simulator for Network studying / Routing mechanism for OSI third layer's / Improvement of network literacy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 453, ET2010-124, pp. 181-186, 2011年3月.
資料番号 ET2010-124 
発行日 2011-02-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2010-124

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2011-03-04 - 2011-03-04 
開催地(和) 徳島大学(変更されました) 
開催地(英)  
テーマ(和) エンタテインメントを活用した学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2011-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク学習支援のための経路制御可視化アプリケーション開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of Routing Mechanism for Network Beginners in Higher Education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高等教育におけるネットワークリテラシ教育 / Graphical simulator for Network studying  
キーワード(2)(和/英) 経路制御の可視化 / Routing mechanism for OSI third layer's  
キーワード(3)(和/英) 視覚化シミュレータ / Improvement of network literacy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 千晶 / Chiaki Kawanishi / カワニシ チアキ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 慈郎 / Yoshiro Imai / イマイ ヨシロウ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 15:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2010-124 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.453 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2011-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会