電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 11:20
P2Pストリーミングにおける映像情報とユーザの受信状況を考慮した適応的配信方式
岡本庸平谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2010-268
抄録 (和) 近年,動画配信において,サーバの負荷分散を図りつつ再生待ち時間を短縮する技術として,P2Pを用いたストリーミング配信が注目されている.CoolStreamingなど多くのP2Pストリーミングは,再生タイミングを厳密に制御するために複雑な機能を備えている.しかし,このシステムでは,離脱耐性が低く,トラヒックの急激な変化に適応することができない.そこで,よりシンプルな制御で疑似ストリーミングを行う方式が提案されている.しかし,既存方式は配信される映像の構造を十分には考慮できていないため,重要なフレームのロスにより映像品質が低下する.本研究では,映像構成情報,再生タイミング,ネットワーク内のピース分散の3種類の尺度の連携を考慮した,高品位P2Pストリーミングシステムを提案する.また,計算機シミュレーションにより,提案方式の有効性を示す. 
(英) Recently, video streaming services using P2P(Peer-to-Peer) have attracted attention to reduce latency for playback and to conduct the distribution of server load. Many P2P streaming systems like Coolstreaming take a complicated approach to control playback timing severely. This leads to less churn resiliency and less adaptability to fluctuation of network traffic. Hence, “pseudo” streaming system with simple and robust control were proposed. However, existing methods with the simple approach do not consider the constitution of video structure in sophisticated manner. As a result, losses of important frames degrade video quality. Therefore, in this paper, we propose a new P2P video streaming system considering adaptive cooperation of three important metrics; video structure, playback timing, and piece dispersion on network. Moreover, we show the effectiveness of the proposed method by computer simulation.
キーワード (和) P2P(Peer-to-Peer) / ストリーミング / H.264/AVC / / / / /  
(英) P2P(Peer-to-Peer) / Streaming / H.264/AVC / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-268, pp. 591-596, 2011年3月.
資料番号 NS2010-268 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-268

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2Pストリーミングにおける映像情報とユーザの受信状況を考慮した適応的配信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Data Transmission Method Considering Video Frame Attribution and User's Reception Status In P2P Streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P(Peer-to-Peer) / P2P(Peer-to-Peer)  
キーワード(2)(和/英) ストリーミング / Streaming  
キーワード(3)(和/英) H.264/AVC / H.264/AVC  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 庸平 / Yohei Okamoto / オカモト ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-268 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.591-596 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会