お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 15:50
PSDセンサを用いた地上対列車間通信におけるハンドオーバーシステムの性能向上
何 敏春山真一郎大槻知明慶大)・松原 広鉄道総研RCS2010-297
抄録 (和) 近年, ユビキタス社会の実現に向けて, 移動中の列車における高速通信を実現するための整備が進んでいる.一方で, 通信速度は, ユーザのニーズを満たすには至っていない.地上対列車内での高速通信を実現するために, 我々は移動体追尾技術を用いた光無線列車通信システムを研究している.本システムの最も重要かつ課題でもあるハンドオーバシステムに関して,従来方式は広角と望遠の四分割センサの組合せでハンドオーバを実現していた.しかしこの方式では大きなスキャンミラーにより回転速度が遅く,ミラーの角度回転制御時間も長いといった問題があり,ハンドオーバ速度は十分でなかった.本稿では,広角四分割センサのかわりにPSD (Position Sensitive Detector)センサを用いることでハンドオーバの高速化を実現したので,その原理および特性を紹介する. 
(英) Recently, as a step of realizing ubiquitous society, high speed communication system between train and ground has been developed. We developed a high-speed FSO (free space optical) communication system using an infrared laser and a handover mechanism. This system is well designed and can be used in very poor weather without any interruption, except for the fact that the handover time is not as fast as required. There are two reasons for this. One is the big size mirror, and the other one is the slow mirror controlling of QD (quadrant photo diode). In this report, we propose a fast handover method based on PSD (position sensitive detector) sensor as a wide field detecting sensor. We describe its mechanism, and the details of its performance.
キーワード (和) PSDセンサ / ハンドオーバ / 追尾 / / / / /  
(英) PSD Sensor / Handover / Tracking / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 433, RCS2010-297, pp. 283-288, 2011年3月.
資料番号 RCS2010-297 
発行日 2011-02-23 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-297

研究会情報
研究会 RCS MoNA SR  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-03-RCS-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PSDセンサを用いた地上対列車間通信におけるハンドオーバーシステムの性能向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Handover Method of Free-Space Optical Communication for Trains Based on PSD Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PSDセンサ / PSD Sensor  
キーワード(2)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(3)(和/英) 追尾 / Tracking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 何 敏 / Min He / ミン ヘ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 真一郎 / Shinichiro Haruyama / ハルヤマ シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 広 / Hiroshi Matsubara / マツバラ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-297 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.283-288 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会