お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 14:00
ユーザの活動場面に適応的な研究活動支援システムの開発
児玉啓浩森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-119
抄録 (和) 大学における研究活動では,発生する多様な情報を蓄積・活用することが重要である.しかし,研究初学者にとって,これらの蓄積された情報を効率的に活用することは容易ではない.そこで本研究では,ユーザの活動場面に適応的な情報抽出と視覚的提示手法を搭載した研究活動支援システムを開発する.これを達成するためにオペレータモデルを開発する.このオペレータは,活動場面と視覚提示制約によって,適応的な情報抽出と視覚的提示,促進メッセージ提示を行う.これにより,ユーザの活動場面に則した研究情報の抽出と,それらの効果的な活用を支援することが期待できる.本稿では,オペレータの定義と支援システムの開発について述べる. 
(英) In university laboratories’ research, it is important to accumulate and utilize a lot of research information of various types efficiently. However, this puts a burden on novice researchers to extract and utilize the optimal information from a huge volume of research information efficiently. Therefore this study has developed a research activity support system with functions extracting and presenting research information suitable for activity situations. To achieve this, an operation model for extracting and presenting research information suitable for different activities has been developed. The operator performs three procedures according to the activity situation and constraints of viewpoints: (1) extracts required research information, (2) visually presents the relationships among information, and (3) encourages research activities that utilize the information. Use of this operator will lead to research activities being effectively supported. This paper defines our operator model and develops the system.
キーワード (和) 研究活動支援 / モデル化 / 情報抽出 / 視覚的提示 / リフレクション / / /  
(英) research activity support / modeling / information extraction / visual presentation / reflection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 453, ET2010-119, pp. 151-156, 2011年3月.
資料番号 ET2010-119 
発行日 2011-02-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2010-119

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2011-03-04 - 2011-03-04 
開催地(和) 徳島大学(変更されました) 
開催地(英)  
テーマ(和) エンタテインメントを活用した学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2011-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザの活動場面に適応的な研究活動支援システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Research Activity Support System Suitable for Activity Situations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 研究活動支援 / research activity support  
キーワード(2)(和/英) モデル化 / modeling  
キーワード(3)(和/英) 情報抽出 / information extraction  
キーワード(4)(和/英) 視覚的提示 / visual presentation  
キーワード(5)(和/英) リフレクション / reflection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 啓浩 / Takahiro Kodama / コダマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 康彦 / Yasuhiko Morimoto / モリモト ヤスヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勝一 / Shoichi Nakamura /
第3著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 節雄 / Setsuo Yokoyama / ヨコヤマ セツオ
第4著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮寺 庸造 / Youzou Miyadera / ミヤデラ ヨウゾウ
第5著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2010-119 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.453 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2011-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会