お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 11:00
Underwater環境における再送制御の比較検討
吉永真人荻野隆史小倉一峰甲藤二郎早大)・近藤逸人東京海洋大NS2010-214
抄録 (和) 近年、Underwater Acoustic Sensor Networks (UWASNs) は海中の観測データを収集するネットワークとして注目を浴びている。しかし、海中における通信は利用帯域の制限、音波通信における伝搬時間の増加、様々な雑音による減衰など、厳しい環境において行われる。そのため、既存の陸地無線とは異なるUWASNsに適したデータリンク層やネットワーク層プロトコルの研究が多くなされている。本稿では、データ通信の信頼性を向上させるための自動再送制御(ARQ)に着目した。陸地無線のARQとして最もシンプルな手法であるStop-and-Wait ARQと海中通信向けのSeawebシステムが採用しているSelective ARQのネットワーク性能を、シミュレーションを通して比較し評価を行った。 
(英) Recently, many papers focus on the communication over Underwater Acoustic Sensor Networks (UWASNs) to collect the data in underwater environments. However, the data transmission in these underwater environments suffers from various influences such as bandwidth usage limitation, surrounding noise, and large acoustic propagation delays. Therefore, the communication over UWASNs is more difficult than radio propagation in terrestrial. In many researches, protocols at the link layer and the network layer for UWASNs have been proposed for decades. We focus on an automatic repeat-request (ARQ) to ensure reliability of the communication. The simplest ARQ protocol is the Stop-and-Wait ARQ (S&W ARQ) for a terrestrial wireless channel. Selective ARQ which is used in Seaweb system for UWASNs is another ARQ method. We show the effects and differences of the network performances by using S&W ARQ and Selective ARQ in our simulator.
キーワード (和) Underwater Acoustic Sensor Networks / Seaweb / ARQ / 再送制御 / / / /  
(英) Underwater Acoustic Sensor Networks / Seaweb / ARQ / Retransmission Control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-214, pp. 293-298, 2011年3月.
資料番号 NS2010-214 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-214

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Underwater環境における再送制御の比較検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Comparative Study on Retransmission Controls for Underwater Acoustic Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Underwater Acoustic Sensor Networks / Underwater Acoustic Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) Seaweb / Seaweb  
キーワード(3)(和/英) ARQ / ARQ  
キーワード(4)(和/英) 再送制御 / Retransmission Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 真人 / Masato Yoshinaga / ヨシナガ マサト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 隆史 / Takafumi Ogino / オギノ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 一峰 / Kazumine Ogura / オグラ カズミネ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 逸人 / Hayato Kondo / コンドウ ハヤト
第5著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ of Marine Science and Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-214 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.293-298 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会