お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 10:40
Direct Tunnelの適用に伴うコアネットワーク制御に関する一検討
及川康之立木将人小室貴史NTTドコモNS2010-230
抄録 (和) 昨今スマートフォンの普及によりネットワークが扱うトラヒック量は爆発的に増加し,通信事業者のネットワーク設備を圧迫している現状がある.ネットワーク全体のトラヒック量を削減する方法としては,データのキャッシュ・圧縮・オフロードなど幾つかが存在する.データオフロードは無線ベアラの変更やその他の方法により,パケット転送ルートを変更するなどして,通過するネットワーク装置を削減することが目的である.データオフロードの中でもコアネットワーク部分に着目した機能としてDirect Tunnel方式が3GPPで標準化されており,コアネットワーク内のトラヒック削減技術として有効と考えられている.しかしながら,スマートフォン通信の特徴的な動作に起因して,これを適用する際には幾つかの課題が考えられる.本稿ではその課題の中でも特にPreservation時の処理負荷増について考察し,対策案について検討する. 
(英) Traffic volume handled by the spread of smart phones in mobile network has been an explosive increase these days, that put pressure on our network equipment. There are some way to reduce traffic volume throughout the network by data caching, data compressing and data offloading. Data offloading method aims to reduce the device through the network by changing the radio bearers and so on. Particularly for data offloading, Direct Tunnel functionality which reduces traffic volume in core network is standardized in 3GPP, is considered an effective function. However there are some problems due to the smart phone features working by application to 3G core network. In this paper we will inquiry into problem about core network load in the preservation state, and we will propose countermeasures.
キーワード (和) トラヒック削減技術 / スマートフォン / Direct Tunnel / Preservation / / / /  
(英) Traffic Reduction Technology(TRT) / Smart phone / Direct Tunnel / Preservation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-230, pp. 379-382, 2011年3月.
資料番号 NS2010-230 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-230

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Direct Tunnelの適用に伴うコアネットワーク制御に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Direct Tunnel application to 3G core network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒック削減技術 / Traffic Reduction Technology(TRT)  
キーワード(2)(和/英) スマートフォン / Smart phone  
キーワード(3)(和/英) Direct Tunnel / Direct Tunnel  
キーワード(4)(和/英) Preservation / Preservation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 康之 / Yasuyuki Oikawa / オイカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立木 将人 / Masato Tachiki / タチキ マサト
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 貴史 / Takashi Komuro / コムロ タカシ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-230 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.379-382 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会