お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 13:40
ケータイを用いたリアルタイム授業支援システム(Q-Vote)の運用評価とシステム拡張
篠原正幸竹下敦希示野浩士五百蔵重典納富一宏田中 博神奈川工科大ET2010-100
抄録 (和) 本報告では,前年度より開発を行っているリアルタイム授業支援システム Q-Vote のユーザ評価とシステムの拡張について述べる.実際に半年間,講義で本システムを利用し,約70名の学生から概ね好評価を得た.学内での本格運用を目指し,今までの学生ユーザと管理者/教員ユーザの2ユーザ形式であったシステムに,複数の教員が利用できるように教員ユーザの概念を実装し,管理者,教員ユーザと学生ユーザの3ユーザ形式に改修を行った.また,学生ユーザに対して,復習学習を目的として自分が回答を行った設問の参照を可能とし,本システムを利用した学習を行うためにシステムの拡張を行った結果を報告する. 
(英) This paper describes the user evaluation results and system expansion for Q-Vote system that was developed as real time class support system last year. This system has been introduced as trial use to the lecture course which is composed with 15 times, 90 minutes lecture. The results of questionnaire to the 69 students are shown to indicate the effectiveness of Q-Vote system. The system expansion has been investigated to use as education infrastructure of the university. The main expansion points from existing Q-Vote system is to add the review function for voting results as e-Learning system and to change the system management style that helps to accommodates many lecturing users.
キーワード (和) 携帯電話 / 授業支援 / 聴衆者応答システム / ITシステム開発 / インターネット / e-Learning / /  
(英) Cell phone / Lecture Support / Audience Response System / IT System Development / Internet / e-Learning / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 453, ET2010-100, pp. 51-56, 2011年3月.
資料番号 ET2010-100 
発行日 2011-02-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2010-100

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2011-03-04 - 2011-03-04 
開催地(和) 徳島大学(変更されました) 
開催地(英)  
テーマ(和) エンタテインメントを活用した学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2011-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ケータイを用いたリアルタイム授業支援システム(Q-Vote)の運用評価とシステム拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Operation Evaluation and System Expansion of Real Time Class Support System (Q-Vote) by Cell Phone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話 / Cell phone  
キーワード(2)(和/英) 授業支援 / Lecture Support  
キーワード(3)(和/英) 聴衆者応答システム / Audience Response System  
キーワード(4)(和/英) ITシステム開発 / IT System Development  
キーワード(5)(和/英) インターネット / Internet  
キーワード(6)(和/英) e-Learning / e-Learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 正幸 / Masayuki Shinohara / シノハラ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 敦希 / Atsuki Takeshita / タケシタ アツキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 示野 浩士 / Hiroshi Shimeno / シメノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 五百蔵 重典 / Shigenori Ioroi / イオロイ シゲノリ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 博 / Hiroshi Tanaka / タナカ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2010-100 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.453 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2011-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会