電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 09:30
コンテンツ流通網における人気度とノード負荷を考慮した誘導情報のアクティブ配布方式
柿田将幸谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2010-263
抄録 (和) 近年,大容量コンテンツ配信に起因するサーバ負荷の増大が問題となっている.コンテンツキャッシュを用いてサーバの負荷軽減を実現しつつ,コンテンツ指向なネットワークを自律的に形成する手法として,Breadcrumbsと呼ばれるキャッシュへの誘導情報を扱う方式が提案されている.また,筆者らは,特定状況下でクエリがルータ間をループするという本方式の問題を解決した Breadcrumbs+方式を提案している.従来方式は,ネットワーク上のルータがコンテンツをキャッシュすることを前提としているが,本稿では,キャッシュ機能をユーザに移行させることでさらなる負荷分散を実現する.さらに,誘導情報をより積極的に配布することで,ユーザキャッシュの利用を促進する方式 Active Breadcrumbs を提案し,計算機シミュレーションにより提案方式の有効性を示す. 
(英) Recently, access loads on servers are increasing due to larger contents in content delivery network.Breadcrumbs(guidance information for locating a content cache) have been designed for reducing server loads and forming content oriented network autonomously in cooperation with cached contents in network. In addition, we proposed Breadcrumbs+ which solves Breadcrumbs’s problem that queries visit the same routers repeatedly with forming a loop. In this paper, we assume that users instead of routers cache contents and it will promote better load balancing, whereas existing methods assume that routers in the network cache contents. Moreover, we propose Active Breadcrumbs which provides higher cache utilization by spreading guidance information to neighbors of cache nodes more actively. Finally, we show the effectiveness of the proposed method by the extensive computer simulation.
キーワード (和) Breadcrumbs / WEBキャッシュ / コンテンツ指向ネットワーク / Breadcrumbs+ / Active Breadcrumbs / / /  
(英) Breadcrumbs / Web cache / Content oriented network / Breadcrumbs+ / Active Breadcrumbs / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-263, pp. 563-568, 2011年3月.
資料番号 NS2010-263 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-263

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ流通網における人気度とノード負荷を考慮した誘導情報のアクティブ配布方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active Distribution of In-network Guidance Information Considering Popularity and Nodal Load in Content Delivery Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Breadcrumbs / Breadcrumbs  
キーワード(2)(和/英) WEBキャッシュ / Web cache  
キーワード(3)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content oriented network  
キーワード(4)(和/英) Breadcrumbs+ / Breadcrumbs+  
キーワード(5)(和/英) Active Breadcrumbs / Active Breadcrumbs  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿田 将幸 / Masayuki Kakida / カキダ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-263 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.563-568 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会