お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 13:40
コンテンツ・メタデータ一対多モデルにおけるメタデータ最適提示順序の検討
吉成祐人宮田高道山岡克式酒井善則東工大IN2010-189
抄録 (和) 情報検索においては, ユーザは単一のコンテンツに対応する複数の内容の異なるメタデータの中から, 検索システム側でユーザにとって最適であると判断されたひとつのメタデータだけを提示されることが一般的である. しかしながら, 提示されたメタデータがユーザの意図しているメタデータと異なる場合には, ユーザの検索成功時における期待閲覧コストが増加する. 一方で, 複数の検索エンジンの検索結果を同時にユーザへと提示する統合型メタサーチのように, 単一のコンテンツに対して複数種類のメタデータを提示することで, ユーザの検索成功時における期待閲覧コストをより小さくできる可能性がある. そこで本稿では, メタデータの提示方法による検索成功時の期待閲覧コストの比較を行うための基礎検討として, 単一のコンテンツに対して複数のメタデータを提示した際の, ユーザのコンテンツの検索閲覧行動を3種類定義し, そのうちの1種類のモデルに関して, ユーザの検索成功時の期待閲覧コストの最小化を実現するメタデータ最適提示順序を決定する評価式の導出に関する検討を行った. 
(英) Information retrieval systems usually provide only one metadata selected from multiple different metadata corresponding to particular content (one content to one metadata model). However, an expectated value of browsing cost for successful retrieval increases when the selected metadata is not consistent with what the user thinks is interesting. On the other hand, as integrated metasearch services do, if multiple different metadata corresponding to single content are provided(one content to many metadata model), it is highly possible that we can reduce the expected cost of successful retrieval. Then, in this study, we defined three models of user’s retrieval behavior to reveal the expected value of cost for successful retrieval under the one content to many metadata model. In this paper, we studied the derivation of evaluation formula to decide the optimal metadata ranking that archieves minimum expected cost for successful retrieval.
キーワード (和) 情報検索 / 期待ユーザコスト / ユーザ行動モデル / 最適提示順序 / コンテンツ・メタデータ一対多モデル / メタサーチ / probability ranking principle / ユーザ記憶  
(英) information retrieval / expectation user cost / user behavior model / optimal presentation order / e content to many metadata model / metasearch / probability ranking principle / user memory  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-189, pp. 271-276, 2011年3月.
資料番号 IN2010-189 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-189

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ・メタデータ一対多モデルにおけるメタデータ最適提示順序の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of optimal metadata ranking for the one content to many metadata model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報検索 / information retrieval  
キーワード(2)(和/英) 期待ユーザコスト / expectation user cost  
キーワード(3)(和/英) ユーザ行動モデル / user behavior model  
キーワード(4)(和/英) 最適提示順序 / optimal presentation order  
キーワード(5)(和/英) コンテンツ・メタデータ一対多モデル / e content to many metadata model  
キーワード(6)(和/英) メタサーチ / metasearch  
キーワード(7)(和/英) probability ranking principle / probability ranking principle  
キーワード(8)(和/英) ユーザ記憶 / user memory  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉成 祐人 / Yuto Yoshinari / ヨシナリ ユウト
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 高道 / Takamichi Miyata / ミヤタ タカミチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 善則 / Yoshinori Sakai / サカイ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-189 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.271-276 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会