お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 10:20
COFDM伝送における対数尤度比を用いた双方向判定帰還型伝搬路推定法
鈴木光信高畑文雄早大CAS2010-146 SIP2010-162 CS2010-116
抄録 (和) LDPC誤り訂正が施されたパケット単位のCOFDM伝送を検討対象に、高速フェージングに対して強い耐性を有する双方向判定帰還型伝搬路推定法を提案する.提案方式では、パケットの先頭と最後尾の両端にパイロットシンボルを配置し、両方向から判定帰還型伝搬路推定を実行し、2種類の復調ビット候補を得る。ビット選択は、ビット毎の対数尤度比の比較に基づき実行し、対数尤度比の絶対値が大きく、信頼度がより高いと判定されるビットのみを復号の対象とする.上記操作により、双方向判定帰還で得られる効果のきめ細かい利用が可能となる。提案方式の有効性を確認すべく,計算機シミュレーションにより各種特性を取得・評価する. 
(英) Decision feedback channel estimation (DFCE) is one of the promising channel estimation schemes for OFDM transmission under fast fading channels. The paper proposes a fading compensation scheme to COFDM transmission of packet encoded by LDPC, where pilot symbols are inserted at both ends of each packet and DFCEs are carried out in dual modes from the both ends. The proposed scheme has a feature that, among bits compensated in the dual modes, a reliable bit is selected by comparing values of LLR (Log-Likelihood Ratio) and supplied to the LDPC decoding. Computer simulation results show that the proposed approach provides better BER than the traditional decision feedback channel estimation scheme.
キーワード (和) COFDM / 判定帰還 / 伝搬路推定 / LDPC / 対数尤度比 / / /  
(英) COFDM / DFCE / channel estimation / LDPC / LLR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 441, CS2010-116, pp. 257-261, 2011年3月.
資料番号 CS2010-116 
発行日 2011-02-24 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-146 SIP2010-162 CS2010-116

研究会情報
研究会 CS SIP CAS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohhamanobumoto memorial hall (Ishigaki)( 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般,CS研50周年記念行事  
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for Communications, Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2011-03-CS-SIP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) COFDM伝送における対数尤度比を用いた双方向判定帰還型伝搬路推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Dual-mode Channel Estimation Scheme using Log Likehood Ratio for COFDM Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) COFDM / COFDM  
キーワード(2)(和/英) 判定帰還 / DFCE  
キーワード(3)(和/英) 伝搬路推定 / channel estimation  
キーワード(4)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(5)(和/英) 対数尤度比 / LLR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 光信 / Koushin Suzuki / スズキ コウシン
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata / タカハタ フミオ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2010-146,IEICE-SIP2010-162,IEICE-CS2010-116 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.439(CAS), no.440(SIP), no.441(CS) 
ページ範囲 pp.257-261 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2011-02-24,IEICE-SIP-2011-02-24,IEICE-CS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会