お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-04 09:20
Mアルゴリズムを用いたトレリスシェイピングによるOFDM信号のピーク電力低減効果
吉沢竜太落合秀樹横浜国大RCS2010-299
抄録 (和) OFDM 信号のピーク電力を低減する手法のひとつとして,トレリスシェイピング(TS) が挙げられる.通常,TS の符号語選択にはViterbi アルゴリズム(VA) が用いられるが,ピーク電力を効果的に低減する上で符号語探索トレリスの状態数を大きくすると計算量が膨大となる.そこで本稿では,符号語探索にM アルゴリズムを用いることにより,従来のVA を用いたTS と比べてより少ない計算量で同等のシェイピングを行うことが可能であることを示す. 
(英) Trellis shaping (TS) is known as one of flexible methods to reduce peak-to-average power ratio (PAPR) of OFDM signals. However, the conventional TS based on Viterbi Algorithm (VA) has a drawback that the computational complexity increases substantially as we increase the number of trellis states for effective PAPR reduction. In this paper, we propose the application of M algorithm (MA) to the TS for PAPR reduction of OFDM signals and investigate its performance compared with those achieved by the VA. Using the TS with the MA, we can reduce the computational complexity with PAPR reduction performance comparable to that of the VA.
キーワード (和) OFDM / ピーク電力 / トレリスシェイピング / Mアルゴリズム / / / /  
(英) OFDM / Peak Power / Trellis Shaping / M Algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 433, RCS2010-299, pp. 295-300, 2011年3月.
資料番号 RCS2010-299 
発行日 2011-02-23 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-299

研究会情報
研究会 RCS MoNA SR  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-03-RCS-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mアルゴリズムを用いたトレリスシェイピングによるOFDM信号のピーク電力低減効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Peak Power Reduction of OFDM Signals Using Trellis Shaping with M Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) ピーク電力 / Peak Power  
キーワード(3)(和/英) トレリスシェイピング / Trellis Shaping  
キーワード(4)(和/英) Mアルゴリズム / M Algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉沢 竜太 / Ryota Yoshizawa / ヨシザワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National Univercity (略称: Yokohama Nat Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National Univercity (略称: Yokohama Nat Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-04 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-299 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会