お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 09:40
Bluetooth&Wi-Fiモバイル無線通信実験とすれ違い頻度分布の冪乗則 ~ 一期一会の影響 ~
藤原明広巳波弘佳関西学院大IN2010-167
抄録 (和) 無線通信技術の発展と無線デバイスの小型化により,BluetoothやWi-Fiを搭載
した小型無線端末が広く普及し,近年,人々が気軽に携帯するようになってきた.
我々は日常生活においてPDA端末を常に持ち歩き,周囲のBluetoothやWi-Fi端末を
スキャンし,記録を取る実験を長期間行ってきた.
BluetoothやWi-Fiは大半の場合は人間が所持しているので,記録された情報は
人間同士のすれ違い(または出会い)の頻度を適当にサンプリングしたものになる
と期待される.我々は得られたデータから,すれ違い頻度分布を調べた結果,
普遍的に冪乗則に従うことが分かった.また,一期一会(実験期間中に
一度しか出会わなかった)デバイス数は出会ったデバイスの総数の約9割にも
達することも分かった.
この「出会いの格差」現象を理論的に説明する為に,単純な移動モデルとして
``Homesick L\'evy Walk (HLW)"を提案した. 
(英) For the development of wireless communication technologies and
miniaturization of wireless devices, portable wireless devices with
Bluetooth and Wi-Fi have been widely distributed and people have
freely carried around them in recent years.
We conducted mobile wireless communication experiments by carrying
around PDAs to scan and log nearby Bluetooth and Wi-Fi devices for
a long time.
Since the devices with Bluetooth and Wi-Fi are often possessed by
humans, recorded information is expected to be a sample drawn from
contact frequency of passing-by (or encountered) humans.
By using obtained data, we investigated the contact frequency of
humans and found that it universally obeys a power law. Moreover,
we also found that the number of once-in-a-lifetime meetings, i.e.,
the number of devices encountered only once reached 90 percent of
the total number of encountered devices. To explain this phenomenon
of ``inequality of meetings" theoretically, we proposed ``Homesick
L\'evy Walk (HLW)" as a simple mobility model.
キーワード (和) すれ違い通信 / すれ違い頻度 / 冪乗則 / 一期一会 / 移動モデル / / /  
(英) Passing-by communication / Contact frequency / Power law / Once-in-a-lifetime meeting / Mobility model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-167, pp. 139-144, 2011年3月.
資料番号 IN2010-167 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-167

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Bluetooth&Wi-Fiモバイル無線通信実験とすれ違い頻度分布の冪乗則 
サブタイトル(和) 一期一会の影響 
タイトル(英) Bluetooth&Wi-Fi mobile wireless communication experiments and the power law of passing-by frequency distributions 
サブタイトル(英) The impact of once-in-a-lifetime chance of meetings 
キーワード(1)(和/英) すれ違い通信 / Passing-by communication  
キーワード(2)(和/英) すれ違い頻度 / Contact frequency  
キーワード(3)(和/英) 冪乗則 / Power law  
キーワード(4)(和/英) 一期一会 / Once-in-a-lifetime meeting  
キーワード(5)(和/英) 移動モデル / Mobility model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 明広 / Akihiro Fujihara / フジハラ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-167 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会