お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 11:50
粘弾性体モデルとCQIを用いたモバイルネットワークのスループット動特性解析
吉田裕志野上耕介里田浩三NECIN2010-163
抄録 (和) モバイルネットワークのブロードバンド化と先進的なモバイル端末の浸透とが相まって,モバイルネットワークを介した映像・音声などのマルチメディア通信が増加してきている.しかし,モバイルネットワークでは,無線リンク品質の変動やクロストラヒックの影響により,基地局--端末間のスループットが安定しないことがある.不安定なスループットは転送データの欠落や到着遅延を引き起こし,その結果,再生中の映像が途絶したり,画質・音質が損なわれたりすることがある.したがって,変動するモバイルネットワークにおけるスループットの動特性を解析並びに推定することは重要である.筆者らは,これまでに,ネットワークスループットの動特性と粘弾性体の変形特性の間にアナロジーが存在することを見出し,粘弾性体モデルによるスループットの動特性解析手法を提案した.本稿では,モバイルネットワークにおいては,粘弾性体モデルではスループットの解析精度が低くなる場合があることを指摘した上で,モバイルネットワークの特性に適合した新たなモデルを提案する.提案モデルは,スループットとCQI (Channel Quality Indicator) の関係性を粘弾性体モデルに融合させたモデルであり,様々なモバイルネットワーク状態に対して60~80%という高い適合率でスループットの動特性を解析可能であることを示す. 
(英) Multimedia communication, e.g., video and audio, via mobile networks is becoming popular because of the mobile broadbandization and the widespread use of advanced moible devices.However, network throughput between a base station and a terminal often fluctuates due to the variation of a radio link quality and the cross-traffic in mobile networks.The unstable throughput causes data loss and data arrival delay; therefore, interruptions due to buffering and image and audio degradation often occur.Consequently, it is important to analyze and estimate the throughput dynamics of mobile networks.Our previous study has found out that the throughput dynamics has the viscosity and the elasticity, and proposed an analytical method of the dynamics by the viscoelastic material model (VMM).In this paper, we point out that the VMM often analyzes the throughput only with a low accuracy in mobile networks, and propose a novel analytical model that fits in mobile networks.Our proposed model is formed by combining a throughput-CQI (Channel Quality Indicator) relation into the VMM, and it can analyze the throughput dynamics with an accuracy rate of about 60-80% in diverse mobile network conditions.
キーワード (和) スループット / モバイルネットワーク / 粘弾性体モデル / CQI / 動特性 / / /  
(英) Throughput / Mobile Network / Viscoelastic Material Model / CQI / Dynamics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-163, pp. 115-120, 2011年3月.
資料番号 IN2010-163 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-163

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粘弾性体モデルとCQIを用いたモバイルネットワークのスループット動特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Throughput Dynamics on Mobile Networks by Viscoelastic Material Model and Channel Quality Indicator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(2)(和/英) モバイルネットワーク / Mobile Network  
キーワード(3)(和/英) 粘弾性体モデル / Viscoelastic Material Model  
キーワード(4)(和/英) CQI / CQI  
キーワード(5)(和/英) 動特性 / Dynamics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕志 / Hiroshi Yoshida / ヨシダ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野上 耕介 / Kosuke Nogami / ノガミ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 里田 浩三 / Kozo Satoda / サトダ コウゾウ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-163 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会