お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 10:30
コンテンツセントリックネットワークを可能にするルータによる名前検索テーブルの実現
黄 恵聖阪大)・阿多信吾阪市大)・村田正幸阪大IN2010-149
抄録 (和) 現在のインターネットは,宛先 IP (Internet protocol) アドレスがあらかじめ分かっており,分からない場合は DNS (domain name system) データベースを引くという前提で,相手との通信を最適化するように設計されている.しかし,今後は,IP アドレスのような数値的な識別子によるルーティングだけではなく,意味のある「情報」を用いたルーティングを実現することによって,例えば資源名で通信相手を発見できるなどネットワークの柔軟な利用を実現するための高機能化が期待されている.本研究では,その資源名の一例として「トピック名」でのルーティングがアプリケーション層ではなく,ネットワーク層で実現可能であることを論じ,計算機シミュレーションによる実験でその実現可能性を明らかにした.具体的には,既存の IP マルチキャストで使用されいているルータのハードウェアが,コンテンツをトピック名で購読するユーザ数が増加した時に対応できない問題点を指摘し,トピック名とユーザ数が zipf 分布である実際のデータベースを用いて提案メモリ構造を評価する. 
(英) The current Internet is designed to optimize the communications among the known hosts; the Internet protocol (IP) address of the destination node is known or otherwise resolved by inquiring the domain name system (DNS) server. However, highly intelligent network is expected in the future Internet that can route packets to the appropriate destination not only with an numerical
identifier but also with {\it information} which is often referred as content-centric network. In this
paper, we discuss that routing by {\it topic names} is feasible in network layer rather than in conventional application layer. In addition, we show that looking up topic names is feasible by evaluating the proposed router architecture.
キーワード (和) コンテンツセントリック / 次世代ネットワーク / ネットワーク層 / ルーティング / トピック名 / / /  
(英) Content-centric network / future Internet / network layer / routing / topic name / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-149, pp. 31-36, 2011年3月.
資料番号 IN2010-149 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-149

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツセントリックネットワークを可能にするルータによる名前検索テーブルの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feasibility of Name Lookup Table in Routers for Realizing Content-centric Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツセントリック / Content-centric network  
キーワード(2)(和/英) 次世代ネットワーク / future Internet  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク層 / network layer  
キーワード(4)(和/英) ルーティング / routing  
キーワード(5)(和/英) トピック名 / topic name  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 恵聖 / Haesung Hwang / ホワン ヘソン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-149 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会