お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 11:30
無線メッシュ網における自己適応型ルーティング
古賀武司大西 圭九工大NS2010-191
抄録 (和) 本論文では,地理的に限定されたエリア内に構築された無線メッシュ網上での一時的な情報共有を行うための自己適応型ルーティング手法の性能評価を行う.自己適応型ルーティング手法は,各ノードが持つ変数,(例えば,複素数,2 次元ベクトル,等)の演算により経路を決定し,また,変数の値を適応的に変化させる仕組みを含む.一時的な情報共有とは,情報の送信者と受信者が自身のタイミングで無線メッシュ網に現れる状況で,送信ノードが発信した情報を受信ノードへと伝搬することを表す.シミュレーションでは,(1)送受信ノードがランダムな位置に発生,(2)固定の位置の受信ノードから一定距離内に送信ノードが発生,という送受信ノードの空間的発生パターンに対して,自己適応型ルーティング手法が確実な情報伝搬が行えるかを評価する.シミュレーション結果は,送信者の発生パターンによって適切な数値と演算が変わることを示す. 
(英) In this paper, we examine the performance of a self-adaptive routing method in wireless mesh networks built in a geographically limited area. The method is used for temporary information sharing, which indicates that
in a situation that information senders and receivers freely appear in the network, information is forwarded from an information sender to a receiver. The self-adaptative routing method determines a unique route by operations among variable numbers (ex. complex number, vector, etc) assigned to each node and adaptively change the assigned variable values based on routing results. In simulations, we consider two spatial patterns for appearance of information senders and receivers, which are (1) a sender and a receiver appear in random locations, (2) a sender
appears in locations with a fixed distance from a receiver, and examine if the self-adaptive routing can provide reliable information forwarding capability. Simulation results show that an appropriate type of numerical values assigned to nodes and operation among the values depends on the appearance pattern of a sender-receiver pair.
キーワード (和) ルーティング / 無線メッシュ網 / 一時的な情報共有 / 適応性 / / / /  
(英) routing / wireless mesh networks / temporary information sharing / adaptability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-191, pp. 157-162, 2011年3月.
資料番号 NS2010-191 
発行日 2011-02-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-191

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線メッシュ網における自己適応型ルーティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Adaptive Routing in Wireless Mesh Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ルーティング / routing  
キーワード(2)(和/英) 無線メッシュ網 / wireless mesh networks  
キーワード(3)(和/英) 一時的な情報共有 / temporary information sharing  
キーワード(4)(和/英) 適応性 / adaptability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 武司 / Takeshi Koga / コガ タケシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 圭 / Kei Ohnishi / オオニシ ケイ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-191 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会