お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 09:20
センサネットワークにおける上下トラフィックの同時通信を可能にするタイムスロット割当方式
朱 旭穎千葉大)・川本良太アルファシステムズ)・廣瀬文哉小室信喜千葉大)・原 誠一郎アルファシステムズ)・阪田史郎千葉大IN2010-146
抄録 (和) センサネットワークでは,シンクノードが全てのセンサデータを収集するトラフィックが主体である.代表的なセンサネットワーク通信規格であるZigBeeのMACプロトコルIEEE 802.15.4ノンビーコンモードでは,親ノードによるブロードキャストで周期的に送信されるデータ送信要求に対し,センサノードからユニキャスト応答が一斉に返信されるため,パケット衝突によるパケットロスが生じやすい.その結果,遅延と消費電力が増大する.本稿では,空間利用効率を高めることにより,パケット衝突を抑えつつ,低遅延を実現するタイムスロット割当てアルゴリズムを提案する.提案方式では,各ノードは2ホップ範囲内の近隣ノードの情報に基づき,スロット予約を行う.空間的に離れたノードを同じスロットに割当てることで同時通信を行い,End-to-End遅延を抑える.シミュレーション評価により,提案方式の有効性を示す. 
(英) In sensor networks, sensing data packets are mainly transmitted from sensor nodes to sink node. In non-beacon mode of IEEE 802.15.4, child nodes send data packets by unicast to respond to a query packet broadcast by the parent node. Collisions of unicast packets and their losses are likely to occur. This consequently causes a lot of energy consumption. In this paper, a time slot allocation scheme which can achieve spatially simultarous communication is proposed. As well as, the proposed scheme effectively reduces the packet collisions. Based on the information of two hop neighbors, each node reserves time slot through depth-first search in the tree network topology. Nodes which are spatially separated can reserve the same time slot to implement simultaneous communication. As a result, it achieves efficient use of bandwidth. The proposed method is evaluated by the simulation. The simulation result shows that the proposed method achieves low delay while keeping high delivery ratio.
キーワード (和) センサネットワーク / ZigBee / IEEE 802.15.4 / ノンビーコンモード / タイムスロット / / /  
(英) Sensor networks / ZigBee / IEEE 802.15.4 / Non-beacon mode / Time slot allocation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 449, IN2010-146, pp. 13-18, 2011年3月.
資料番号 IN2010-146 
発行日 2011-02-24 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-146

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 3-4) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサネットワークにおける上下トラフィックの同時通信を可能にするタイムスロット割当方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time Slot Allocation Scheme enabling Simultaneous Bidirectional Traffic in Multi-hop Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor networks  
キーワード(2)(和/英) ZigBee / ZigBee  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.15.4 / IEEE 802.15.4  
キーワード(4)(和/英) ノンビーコンモード / Non-beacon mode  
キーワード(5)(和/英) タイムスロット / Time slot allocation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朱 旭穎 / Kyokuei Shu / シュ キョクエイ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 良太 / Ryota Kawamoto / カワモト リョウタ
第2著者 所属(和/英) アルファシステムズ (略称: アルファシステムズ)
Alpha Systems, Inc (略称: Alpha Systems, Inc)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文哉 / Fumiya Hirose / ヒロセ フミヤ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 誠一郎 / Seiichiro Hara / ハラ セイイチロウ
第5著者 所属(和/英) アルファシステムズ (略称: アルファシステムズ)
Alpha Systems, Inc (略称: Alpha Systems, Inc)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-146 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会