電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 13:25
産直ビジネスにおけるライフログ活用に関する考察 ~ 『内子フレッシュパークからり』を事例として ~
藤原葉平松山大)・岡田仁志NII)・上杉志朗松山大LOIS2010-73
抄録 (和) 『内子フレッシュパークからり』は,「からりネット」や「トレーサビリティシステム」等のシステム化によって,農家の生産,消費者へのマーケティング等,生産・流通・販売の情報共有や効率化を実現してきた産直ビジネスの成功事例である.ここでは,産直ビジネスにおいてライフログを活用する方法について考察する. 
(英) "Uchiko Fresh Park KARARI" is a successful example of Farmer’s Market Business. KARARI utilized IT system such as“KARARI net” or “Traceability system” thusly, promoted marketing, effective production, and enhanced sales capabilities. This paper discusses the applications of Life log to Farmer’s Market Businesses of KARARI.
キーワード (和) POSシステム / 農業情報連絡システム / トレーサビリティシステム / ITリテラシー / JGAP / / /  
(英) POS system / Agriculture information communication system / Traceability system / IT literacy / JGAP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 450, LOIS2010-73, pp. 49-54, 2011年3月.
資料番号 LOIS2010-73 
発行日 2011-02-24 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2010-73

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 
開催地(英) Ishigaki IT business support center 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2011-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 産直ビジネスにおけるライフログ活用に関する考察 
サブタイトル(和) 『内子フレッシュパークからり』を事例として 
タイトル(英) Consideration about the use of Lifelog in Farmer's Market Business 
サブタイトル(英) Using "Uchico Fresh Park KARARI" as a case 
キーワード(1)(和/英) POSシステム / POS system  
キーワード(2)(和/英) 農業情報連絡システム / Agriculture information communication system  
キーワード(3)(和/英) トレーサビリティシステム / Traceability system  
キーワード(4)(和/英) ITリテラシー / IT literacy  
キーワード(5)(和/英) JGAP / JGAP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 葉平 / Youhei Fujiwara / フジワラ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 松山大学 (略称: 松山大)
Matsuyama University (略称: Matsuyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 仁志 / Hitoshi Okada / オカダ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: Nii)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 志朗 / Shiro Uesugi / ウエスギ シロウ
第3著者 所属(和/英) 松山大学 (略称: 松山大)
Matsuyama University (略称: Matsuyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2010-73 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会