お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 16:10
[招待講演]NerveNet ~ マルチホップ無線と分散情報処理の融合ネットワーク ~
井上真杉大西真晶李 睿棟大和田泰伯NICTRCS2010-279 MoMuC2010-92 SR2010-106
抄録 (和) 新世代のアクセス系ネットワークは,地域における社会問題解決や経済活動の効率化・活性化,個人生活の質向上のために,その時々に応じて多種多様な通信技術・通信方式を的確に制御することでエンド・エンドの通信に対する要求を保障し,センサ情報やコンテンツの属性,個人の嗜好に基づき情報がネットワークを流通し,多様な状況に適応した形で提供されるインフラストラクチャであることが望ましいと考える.提案するセンサ・アクチュエータプラットフォームネットワークNerveNetは,環境に配置されたセンサ群,ユーザが所有するモバイル端末,ネットワークとが連携する通信アーキテクチャを採用し,モバイル端末を介してセンサとセンサデータベース間に通信経路を設定してセンサ情報を安全に伝送する機能が特徴である.また,NerveNetの基地局が分散データベース及び情報処理機能を有することにより,センサデータなどの高度な情報処理に基づいた個人向け適応サービスや,個人が希望する地域・環境情報を選択的に配信するサービスを可能とする。 
(英) A new generation network should be an infrastructure that can control various network medium and technology on demand, ensure end to end requirement for communications, and provide a variety of context-aware of services with the use of sensor information and individual preferences in order to solve social problems, to activate economic activities, and to improve quality of residents’ lives. A platform network for accommodating sensors and actuators called NerveNet is a network cooperating with mobile terminals and sensors/actuators. It features secure information transport by establishing a secure communication path between sensors and a server via a mobile terminal. In addition, NerveNet base station provides distributed database system and information processing features, which enable context-aware and intelligent information delivery services.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / 無線メッシュネットワーク / センサネットワーク / プラットフォーム / コンテキスト適応 / / /  
(英) New Generation Network / Wireless mesh network / sensor network / platform / context aware / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2011年3月.
資料番号  
発行日 2011-02-23 (RCS, MoMuC, SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-279 MoMuC2010-92 SR2010-106

研究会情報
研究会 RCS MoNA SR  
開催期間 2011-03-02 - 2011-03-04 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2011-03-RCS-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NerveNet 
サブタイトル(和) マルチホップ無線と分散情報処理の融合ネットワーク 
タイトル(英) NerveNet 
サブタイトル(英) A network integrating wireless multihop and distributed information processing 
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / New Generation Network  
キーワード(2)(和/英) 無線メッシュネットワーク / Wireless mesh network  
キーワード(3)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(4)(和/英) プラットフォーム / platform  
キーワード(5)(和/英) コンテキスト適応 / context aware  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 真晶 / Masaaki Ohnishi / オオニシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 睿棟 / Ruidong Li /
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 16:10:00 
発表時間 35 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-RCS2010-279,IEICE-MoMuC2010-92,IEICE-SR2010-106 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.433(RCS), no.434(MoMuC), no.435(SR) 
ページ範囲 pp.175-182(RCS), pp.67-74(MoMuC), pp.109-116(SR) 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-RCS-2011-02-23,IEICE-MoMuC-2011-02-23,IEICE-SR-2011-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会