お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 13:50
スキャッタードパイロットを適用したDFTS-OFDMに対する伝搬路推定補償方式の一検討
佐藤明彦高畑文雄早大CAS2010-113 SIP2010-129 CS2010-83
抄録 (和) 高速フェージング環境に対する伝搬路推定において, スキャッタードパイロット(SP)の適用は有効である. 本論文では, LTE(Long Term Evolution)アップリンクへの適用が議論されているDFT Spread OFDM(DFTS-OFDM)伝送へのSPの適用について検討する. 具体的には, 遅延プロファイルの導出に関する理論を述べた後, コサインロールオフフィルタのインパルス応答を利用した周波数補間方式とMMSE等化に必須の雑音電力の推定法を提案する. その後, 提案方式の有効性を確認すべく, 計算機シミュレーションにより, 周波数補間として線形補間とDCT補間, 雑音電力としてシミュレーションで負荷した電力を用いる場合に得られる特性を比較対象として,各種特性を比較・評価する. 
(英) Scattered pilots (SP) would be effective for the estimation and compensation of fast fading propagation paths. This paper discusses an application of SP to DFT Spread OFDM (DFTS-OFDM) transmission. After we derive theoretically a delay profile of the system, based on the discussion of the delay profile, we propose an interpolation method of the frequency response of propagation paths and an estimation method of noise power. Finally the performance obtained by the proposed methods is quantitatively evaluated by means of computer simulation, and compared with the performance of schemes utilizing conventional methods.
キーワード (和) スキャッタードパイロット / DFT Spread OFDM / 遅延プロファイル / 周波数補間 / 雑音電力推定 / / /  
(英) scattered pilot / DFT Spread OFDM / delay profile / interpolation of frequency response / estimation of noise power / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 441, CS2010-83, pp. 67-72, 2011年3月.
資料番号 CS2010-83 
発行日 2011-02-24 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-113 SIP2010-129 CS2010-83

研究会情報
研究会 CS SIP CAS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohhamanobumoto memorial hall (Ishigaki)( 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般,CS研50周年記念行事  
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for Communications, Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2011-03-CS-SIP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スキャッタードパイロットを適用したDFTS-OFDMに対する伝搬路推定補償方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Channel Estimation and Compensation in DFTS-OFDM using Scattered Pilot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スキャッタードパイロット / scattered pilot  
キーワード(2)(和/英) DFT Spread OFDM / DFT Spread OFDM  
キーワード(3)(和/英) 遅延プロファイル / delay profile  
キーワード(4)(和/英) 周波数補間 / interpolation of frequency response  
キーワード(5)(和/英) 雑音電力推定 / estimation of noise power  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 (略称: 早大)
Graduate School of Fundamental Science and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata / タカハタ フミオ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 (略称: 早大)
Graduate School of Fundamental Science and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2010-113,IEICE-SIP2010-129,IEICE-CS2010-83 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.439(CAS), no.440(SIP), no.441(CS) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2011-02-24,IEICE-SIP-2011-02-24,IEICE-CS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会