お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-03 14:50
顕著性マップに基づく分割画像の優先的な領域統合
目黒光彦中尾一博日大)・田口 亮東京都市大SIS2010-61
抄録 (和) 本論文では,カラー画像の領域分割結果の新しい統合法について提案する.カラー画像の領域分割の多くは,分割後に隣接する領域間の色差を基にした領域統合を行うことが多い.本手法は,ヒトが注目すると思われる領域を算出した顕著性マップを用いて,優先的に領域統合する領域を決定し,統合を行うことで領域統合にかかる計算時間の削減を実現するものである.さらに,顕著性の高い領域と低い領域が隣接している領域に関しては,誤統合となる,境界をまたいだ領域統合を防止する効用もある.適用例を通じて,提案手法の有効性を明らかにする. 
(英) In this paper, we propose a new region merging method for over-segmented color images. The proposed method can decide the region to be extracted from the segmented images by using saliency map. Saliency map shows the point of interest for human beings. To extract the region to be segmented, the processing time of the region merging is shorter than several conventional methods. Moreover, the extracted results are given suitably for human's sense.
キーワード (和) 顕著性マップ / 領域分割 / 優先的領域統合 / 領域隣接グラフ / / / /  
(英) Saliency map / Image segmentation / Preferential region merging / Region adjacency graph / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 445, SIS2010-61, pp. 43-48, 2011年3月.
資料番号 SIS2010-61 
発行日 2011-02-24 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-61

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2011-03-03 - 2011-03-04 
開催地(和) 東京都市大学世田谷キャンパス 
開催地(英) Tokyo City University (Setagaya Campus) 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2011-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顕著性マップに基づく分割画像の優先的な領域統合 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preferential Region Merging of Segmented Images Based on Saliency Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顕著性マップ / Saliency map  
キーワード(2)(和/英) 領域分割 / Image segmentation  
キーワード(3)(和/英) 優先的領域統合 / Preferential region merging  
キーワード(4)(和/英) 領域隣接グラフ / Region adjacency graph  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 目黒 光彦 / Mitsuhiko Meguro / メグロ ミツヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 一博 / Kazuhiro Nakao / ナカオ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-03 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-61 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.445 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2011-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会